スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

オグリキャップ|今なお語られる有終の美

有馬記念

Q:有馬記念のCM、「神はいる、そう思った」って何?
A:1990年12月23日・第35回有馬記念の引退前ラストラン、オグリキャップの1着を引用しています。 2011年になってなんで90年の馬の走りなんか持ち出してるんだろう、と思ったそこのあなた、今回はこの有終の美について記載しますので是非読んでいってください。競馬には人と馬のドラマがある、と思わせる一説になっています。
オグリキャップ、まずはこの馬の経歴を簡単に紹介します。
詳しくはここで。ウィキペディア オグリキャップ
幼少期
右足の障害で上手く経つことが出来ず、母馬からの授乳も拒否されることがあり(乳の出も悪かったため、生存本能的な面もあった)、痩せていた。しかしながら、オグリキャップ自身の強い食欲や、献身的な治療の結果、2歳ころには他馬に見劣らない馬体に成長した。
育成牧場時代
牧場では一人で過ごすことが多く、他馬とケンカすることもなかった。調教時には人間を振り落とそうと暴れることもあったが、挑戦的な意志であり単に人間が嫌いなわけではなかった。食欲は相変わらずで、その点に惚れた馬主が購入を打診するほどだった。
デビュー後
笠松競馬でデビュー後、能力を発揮し、5戦目以降8連勝。最初の5戦は蹄叉腐乱を発症するなどして万全の状態では無かった面もあり、5戦3勝という結果だった。その後中央競馬に移籍、(佐橋氏の念心な説得があって実現した)最終的にはレコード勝ち4レースを含む32戦22勝(地方競馬時代含む)を記録した。
中央移籍後も、馬の活躍を思う人と「足蹴の怪物」オグリキャップとのドラマが数多く展開されています。これだけハイライトされたのはもちろんオグリキャップの活躍あってこそと思いますが、競馬の深さを知るにあたっては十分なエピソードいかと思います。
「神はいる、そう思った」は、有馬記念の前走、ジャパンカップで11着という凡走をしてしまい、高齢もあって、次走有馬記念では競走成績とは裏腹に4番人気となっていましが、いざ本番では見事1着と、前走からは全く予想できない好走を見せ、有終の美を飾ったことからこういう賞賛の言葉が引用されています。
未だにCMで名前の上がる馬。20年前のレースの話なんですけどね。それだけ人と馬のドラマが多くの人の共感を生んだということなんです。

第35回有馬記念-ラストラン・オグリキャップの復活

Q:復活ってどういう意味?
芦毛の怪物 オグリキャップ A:オグリキャップ。

”芦毛の怪物”のあだ名を持つ優駿です。競馬ブームを起こすきっかけとなったとも言われる本物の優駿でした。

2010年7月に死を迎えた後、多くの人が追悼の意を表紙、その訃報はイギリスの新聞でも報じられました。生後の境遇からの逆転といい、本当の意味で人気のある馬でした。

JRA50周年記念サイト-名馬オグリキャップ >> http://www.jra.go.jp/50th/html/50horse/47.html
CMで使われる復活とは、前走ジャパンカップ11着からのからの逆転劇を表した文章と思いますが、私自身は生後の境遇からの復活、とも取れる内容かと思っています。まさに今の日本の地震災害からの復興を象徴するのにふさわしい内容、ということでこのCMとなったんじゃないかと考えています。
ではCMをどうぞ。
今回も有馬記念を最後に引退するブエナビスタがそのエピソードを回想させることからもこのCM内容なんでしょう。なんとも、2重にも3重にも深い内容のCMになっています。
Q:著書は?
A:
名駿オグリキャップ―厩務員池江敏郎との1000日 1991/12/1
いま、再びオグリキャップ―ついに明かされる怪物の真実 2005/06
白の時間 名馬オグリキャップ引退後二十年の日々 2011/6/8
など、多数。オグリキャップの生涯を知ることのできる情報量があることは間違い無いですね。それだけ人々に感動を与えたのでしょう。
Q:そういえば?
A:そのとおり、前回紹介のハシゼン(橋本全弘)氏はその当時有馬記念のオグリキャップのラストランに◎を打った伝説の記者なんです。本紙では多くの競馬ファンの納得をとれる内容である必要があるにも関わらず、この馬に◎を打ったハシゼン氏。馬に精通しているだけの実力をよくわかるかと思います。
橋本 全弘氏の紹介 >> http://keibareporter.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
Q:ハシゼン氏の予想を見れる?
A:幸いなことに、ハシゼン氏は今競馬予想サイトで情報監修、買い目提供を行なっていまして、少々プレミアが付いてしまいましたが、一応有馬記念の予想を見ることができます。
無料情報もあるので、それを参考にするのもいいかもしれません。
前回に続きもう一度この動画!
オグリキャップを知ってのレース観戦はまた違ったものに見えてきますね。競馬っていいな・・・
おまけ↓人気の馬のグッズなら何でもアリなんです!
芦毛の怪物 オグリキャップゴルフボール
なんか違う気もしますが、こういう商品でも喜ぶ人がいるんでしょうね…
スポンサーサイト
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。