スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

橋本全弘|穴のハシゼン、穴馬を見抜く!

ナリタブライアンを忘れない

Q:ナリタブライアンの著書を実筆
A:橋本全弘氏の著書「ナリタブライアンを忘れない」は結構有名な著書です。ナリタブライアンは1993年8月にデビューし、同年11月から1995年3月にかけてクラシック三冠を含むGI5連勝、10連続連対を達成し、1993年JRA賞最優秀3歳牡馬、1994年JRA賞年度代表馬及び最優秀4歳牡馬に選出され、優駿の1頭となっています。
元々頑固な穴党で、本紙でもその傾向があったハシゼン氏。このブログでも以前紹介しましたが、今回畏敬の念を込めて再度ソロでの紹介をしたいと思います。
当サイトでもイチオシの橋本全弘氏。影で中国競馬への貢献など、様々な活躍を見せており、競馬への思いは相当なもののようです。

橋本 全弘

Q:今回のハイライト記者
橋本 全弘 A:橋本 全弘。

今回は、元スポーツニッポン新聞の記者で、競馬ブームに乗り、競馬記者となった敬意の持ち主で、そのまま競馬記者としてフリーと成り、競馬の啓蒙活動を行うなど、競馬への貢献を深めています。

現在はフリーと成り、コラム提供や、買い目予想の提供、競馬情報の提供など、競馬記者として幅広く活躍しています。2005年より、競馬コンサルタントとして馬主サポート、中国富裕層へ向けての競馬紹介を行うなど多方面で活動中です

プロフィール >> http://goo.gl/GZ4MA(競馬NAVI)
公式サイトでは「競馬を支え、競馬シーンの中心的存在は、馬主であります。 私達は、長年培った経験と多彩な人脈で、馬主様を総合的にサポートし、馬主様の社会的地位向上を目指し、日本の競馬文化を高める研究をし続けます。」とあり、馬主を対象としたサポート業務を中心に競馬の社会貢献を目指しているようです。
競馬にここまで真直ぐな記者も珍しく、好感の持てる人格者と言えます。長年競走馬を見てきたからこその穴党、説得力があります。
Q:著書は?
A:
名駿オグリキャップ―厩務員池江敏郎との1000日 1991/12/1 ナリタブライアンを忘れない―私が見つめた最強三冠馬の軌跡 1997/5/1 怪物神話、再び―その後のオグリキャップと二世たち 1995/3/1 橋本全弘の万馬券はこうすれば取れる―人気薄に◎を打つプロの競馬理論!! 1996/6/1
90年代の競馬記者バリバリの頃に穴党としての競馬術を指南したものや、名馬の紹介、その産駒など、記者独特の視点で見た見解が多く、競馬の歴史が刻まれた書籍となっています。
Q:経歴は?
A:今回はプロフィールから引用しました↓
橋本 全弘氏の略歴
引用;
橋本 全弘
1954年 愛知県生まれ。
1979年 早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社入社。
1987年 中央競馬担当となり、同年武豊騎手デビューで巻き起こった競馬ブームに乗る。紙面では「穴のハシゼン(橋全)」のニックネームで親しまれ、オグリキャップのラストラン有馬記念で果敢に◎を打つなど数々の穴予想を的中させ穴党ファンに人気を博す。
2004年 スポニチを退社、フサイチの冠名で知られる馬主関口房朗氏の競馬顧問、共同通信社記者などを経て、現在は競馬評論家として活躍する。
2005年 競馬ジャーナリストの傍ら、競馬コンサルタントとして馬主サポート、中国富裕層へ向けての競馬紹介を行うなど多方面で活動中。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:穴党です。競馬記者を初めて9年間修行(?)した穴馬探し法を記した著書があるほど、穴馬を知っています。煮んっ気を博したのも、その徹底した穴馬主義が高じてのことだったんだと思いますね。
予想自体が古い情報なので検索してもなかなか出て来ませんが、オグリキャップへの◎は有名所です。
橋本 全弘氏の的中実績
前述の有馬記念でのオグリキャップの的中です。参考 >> http://goo.gl/aav67
橋本 全弘
35回有馬記念となると1990年というかなり昔の事になるんです。この頃は三連単はなく、馬単当てたらすごい!というレベルだったことがわかります。最近ではもう三連単当てたらすごいですからね…時代はかわりました。
当時、オグリキャップは引退前といえど、優駿。それでも4番人気と振るわなかったにも関わらず、穴のハシゼン氏は◎をつけました。しかも本紙予想で。これは大手新聞社の競馬記者としてはかなり思い切った行動なんですよね。だからこその穴のハシゼンなのです。
やはりいつ見ても感動のレースです。有名だからこその映像が未だにのこているというのが競馬の一つの醍醐味ですよね。映像が古いのもなんとも言えない時代感があります。
おまけ↓橋本全弘氏、被害者になってしまったことも…
スポーツニッポン記者殴打事件 >> http://goo.gl/Z94fn
なかなか大変な思いもされてきたようで、そういった度胸も付いているんでしょう‥お疲れさまです。。。
関連記事
スポンサーサイト
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。