スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

大川慶次郎|競馬の神様

競馬の神様

Q:パーフェククト予想?
A:パーフェクト予想はその競馬場で開催される1~12レースの全てを的中させるこで、文字通り、完璧な予想です。そのため、並大抵の予想では的中しないのが普通です。そのためにこれを達成できる競馬予想をする人は神様的な扱いになります。と言っても昔の競馬と今の競馬では少々違っている所が多いですけどね。その点なかなかむずかしいところです。しかし12レース分の予想を的中させてしまうのは本当に難しいです。これを達成するのが競馬記者の夢ってなところでしょうか。
Q:昔の予想方法?
A:昔の競馬予想では風水やら四柱推命やらを分析して、競馬予想用に数字を組み込んである所謂占いで競馬予想を提供するような内容の商売が合ったそうです。今のようにデータ的な発想がない時代、こういった、神がかり的な内容の予想が売れたんだそうです。しかも作れる人が日本に数人しかいないという様な不思議なものだったそうです。まったく競馬に関するデータは無く、数字そのものに既にその年に運命付けられた、という内容で、完全に占いの域ですね。現代競馬の予想方法とはかなりの差があることがよくわかります。
昔のそういった予想方法よりは的中しやすくなっているデータ分析による予想、それでも当たらないのは、やはり神がかり的な何かが必要なんでしょうか?競馬は難しいですね。
参考:http://infoster.biz/2011/02/331

大川 慶次郎

Q:今回のハイライト記者
大川 慶次郎 A:大川 慶次郎。今回は競馬の神様と呼ばれたこの方です。パーフェクト予想を4回達成した本物の実力の持ち抜いしで、高い競馬予想の才能を持っていました。1999年の年の瀬に高血圧性脳出血で亡くなりました。大川氏は幼少の頃より競馬の近くで育ち、競馬とは運命的なつながりを持っていたそうです。競馬会では余りにも有名なこの方。このブログで取り上げないわけにはいかないでしょう。万を持して紹介します。
プロフィール >>http://goo.gl/PGChR(スパイシー)
伝説的な話題になっていますが、大川氏の最後の予想は、大川氏自身の亡くなった年の有馬記念の予想を見事的中(グラスワンダー)させ、競馬の神様の名に全く恥じない結果を残したということでした。以下抜粋↓ 大川の死から5日後、グラスワンダーはスペシャルウィークを際どいハナ差で退け優勝、大川の「生前最後の予想」は見事的中した。数日後、大川家に差出人「グラスワンダー」の花束が届いたという。 なんともドラマチックな終わり方ですが、競馬にもこんな深いwぴそ-度があったとは…不覚にも感動しました。
Q:著書は?
A:大川慶次郎回想録 まっすぐ競馬道 -杉綾の人生-(日本短波放送〈現・日経ラジオ社〉)
絶筆・大川慶次郎(角川書店・ザテレビジョン文庫)
サラブレッド101頭の死に方(アスペクト・徳間書店 共著)
特に「大川慶次郎回想録 まっすぐ競馬道」は大川氏の人生を綴ったとも言っていい著書で、この人なくしては今の競馬界の人気はな方といっていいほどの思いになります。競馬ファンであれば、この1冊は読んでおきたいですね。まさに競馬の立役者といっていいんじゃないでしょうか。今回はまじめにオススメの本です。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
大川 慶次郎
引用;
大川 慶次郎
1952年に慶應義塾大学を卒業し、高千穂製紙に就職。しかし会社員生活は性に合わず、考えるのは競馬のことばかり。毎週土曜日になると営業に出るふりをして会社の裏にある場外馬券売り場に馬券を買いに行ったという。結局入社から3年たった1955年に同社を退社し、明治座社長だった新田新作の競馬担当秘書となる。新田と親交のあった百瀬博教は、戦前に鈴木栄太郎(関東国粋会副幹事長で生井一家の貸元)の若い衆であった新田は戦後に足を洗って土木建築業の新田組を興し、連合軍ともコネがあり羽振りがよかったとしている。大川のおもな仕事は新田が競走馬を預託する藤本冨良調教師との連絡役であった。 秘書となった年、新田所有の4歳馬メイヂヒカリはクラシックの有力候補であった。しかし皐月賞を目前に控えた時期になってメイヂヒカリの飛節に肉腫ができていることが判明。無理をせずに休養をとらせたい藤本の意を受けた大川は無理にでも皐月賞に出走させようとする新田の説得にあたり、「未来がある馬だから出走させないでくれ。それに大金を投じて馬券を買うファンに迷惑がかかる」と土下座までしてみせた。新田は大川の説得に渋々応じたが、結果メイヂヒカリは見事立ち直り、菊花賞ではこの年のダービー馬・オートキツを10馬身突き放す圧勝。その後、翌1956年には天皇賞(春)・中山グランプリを制し年度代表馬に、さらに1990年には顕彰馬に選ばれるほどの活躍をした。
予想方針
まだまだ競馬予想の拙い時代、競馬=馬の能力100%として考えられていたんですが、大川市はここに展開予想を初めて要素として組み込みました。その画期的さは当時の競馬の風潮からすれば、革新的なものでした。現代にまで通じている予想方法を提案したということでは競馬予想にかなりの革命を起こしたんじゃないでしょうか。さすがです。
大川慶次郎氏の予想を反映したサイト
大川氏の娘である大川智絵氏の情報監修のサイトが有りまして、この御サイトではまさに大川氏の予想を受け継いだ大川智恵氏の予想を閲覧することのできるサイトです。伝説的な予想師の予想をまだ見ることができるのは本当に大川氏の実力あってこそでしょう。偉大な人物だと思います。
しかし大川智恵氏…ちょっと肥えてますね。。。
おまけ↓ ご冥福を祈ります。
古い感じの映像で、現役の大川氏を発見しました。

[大川 慶次郎] 
└”競馬の神様”大川 慶次郎氏の予想を唯一閲覧できる競馬予想サイト。

関連記事
スポンサーサイト
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。