スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

小栗 範恭|JRA元馬主の予想理論!

競馬を支える馬主

Q:馬主ってなに?
A:JRAや地方競馬の競争馬を所有する人のことで、この人たちがいて初めて競馬が成立しているといっても過言ではないのです。基本的に金持ちなこの人達は大金出して馬を買い、調教師に調教してもらって、数年の馬の養育費を払った後、初めて競争に出て上位入着で賞金を得るという、とてつもなク長い投資を行なっている、と言った感じです。つまり、馬1頭(数百万円~数千万円)、厩舎設備、養育費、厩務員給料など、多々の金額を払えて初めて馬主となることができるというわけです。
馬主 >>http://goo.gl/y9SB4
Q:賞金?
A:レース賞金は各レースごとに違っていまして、こないだのマイルCSでは、2011年度現在賞金総額は1億9000万円で1着賞金:1億円、2着賞金:4000万円、3着賞金:2500万円、4着賞金:1500万円、5着賞金;1000万円と、かなりの額が賞金として支払われることになっています。もちろんGⅠだからこその賞金額ではありますが…。馬主はこの賞金の80%(1着時8千万円)、調教師10%(1着時1000万円)、厩務員・騎手5%(1着時500万円)となり、非常に大きな金額が動くこととなります。この馬主、意外と有名人が多かったりして、皆さんご存知の陣内孝則さんも馬主をやっています(JRAで確認可能)。現在現役はキクジロウという馬だそうです。
陣内孝則-所有馬 >>http://goo.gl/5t0s1(netkeiba.com)
陣内孝則
キクジロウ

馬主紹介

Q:今回のハイライト人物
小栗範恭 A:小栗 範恭。今回はこんな方。JRAの元馬主で、何やら色々スキャンダルなことがあったようで、競馬の世界ではなかなか有名なんだそうです。2008年には馬主対談として佐々木大魔神との対談内容が記事になっています。
(http://goo.gl/5ibz0)
なかなかの有名人のようですよ。今は元馬主になっていますが、競馬に対する熱意は変わらず、予想サイトに予想ブログにと、競馬を楽しんでいるようです。
ブログ >>http://goo.gl/r0ZmK
成績情報 >>http://data.keiba.tw/owner/735002.html
予想ブログなんですが、内容は結構面白く、面識ある馬主の資産情報等をつらつらと書かれています。なかなかの暴露っぷりですね。このブログの内容は小栗氏と山田氏の手掛けるホースマンサミットというサイトで確認することもできます。ブログで隠されている部分もそのサイトでは見れますので、確認してみるのも一興です。
しかしながら、自分が馬主だったら参っちゃいますね。。。やれ、どの会社のオーナーだ、持ち馬は何頭だ、獲得賞金はいくらだ、去年と比べてどうだ…見透かされているようでいい気分ではないですな。。。しかし、そこまでしないと馬主の思惑からの馬券的中には至らないってことなんでしょう、奥が深いです。
Q:著書は?
A:無し。ブログでの記事が相当量あるのと、予想サイトでのコラム等でかなりの執筆数があるようなのでそれだけでも十分かもしれません。これらがそのうち書籍化されると期待しています。
Q:馬主経歴は?
A:今回はホースマンサミットから引用しました↓
小栗 範恭
引用;
1945年4月生まれ。
日本医療福祉開発という会社の代表取締役を務めていた頃、同じ医療系の会社を経営しており、代議士でもあった、当時の福島馬主会の会長・今泉貞雄氏の影響で競走馬に興味を持ち始め、まずは一口馬主クラブ・日信レースホースの代表として馬主デビューを果たし、その後、1989年に個人馬主資格を取得。それから現在まで所有馬に目立った活躍はなかったが、2007年に東京馬主会の顧問を務めた経験などから、他の関係者に対する影響力の高さは、敢えて説明するまでもないだろう。元々、馬主という立場を活かした独自の馬券術を、周囲が高く評価していたが、最近になって本人は、「今後は、馬主としてではなく、ジャーナリストして活動することで、競馬界の発展に尽くしたい」と語っていた。
マンハッタンカフェとアメリカンボスのワンツーフィニッシュで決まった2002年の有馬記念当日、馬主席で払戻金を受けた金額が、当時、関係者の間で大きな話題となったが、本人はその時のことを、「あの日は朝から、アメリカンボスの馬主の畔蒜(あびる)さんと一緒にレースを見ていたんですが、私がその時、畔蒜さんからどういう話を聞いて、アメリカンボス絡みの馬券に大きく張ったのか、ご想像にお任せしますよ。まあ、敢えて言わなくともお分かりいただけるとは思いますが」と語っている。
予想の方針
馬主の思惑から調教を予想
ホースマンサミットで、自らも馬主の動きを予測して、記事提供を行なっていまして、経済的な動きからレースに掛ける思惑を読み取り、かなり核心に近い予想を提供しています。無料会員でも見られる内容なので、馬主の情報を以って予想をするという考え方を見るには良いですよ。とりあえず、馬の脚質と言うよりは馬主小野思惑からの調教具合を予想の軸にしているといった印象です。
そんな元馬主:小栗 範恭は1日に4レースの的中実績を挙げるなど、敏腕の予想の持ち主で、かなりレベルの高い予想師でもあることがわかりました。さすが馬主・・・。
的中実績
2011年6月26日 安房特別では3連複1510円を1点で的中
竜飛崎特別では3連複1750円を4点で的中
鳴門Sでは馬単2670円を5点で的中
船橋Sでは3連複1180円4点的中
馬主の思惑っていう面が競馬の結果に出る、というのもあながち絵空事というわけではなさそうですね。。。
おまけ↓ キクジロウ 戦績。。。
キクジロウ戦績
陣内さんの現役馬ですが、戦績の方はなかなか奮いません。。。馬主の経営?の難しさっていういのもあるんでしょう。。。
関連記事
スポンサーサイト
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。