スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

宮崎秀一|穴カルト!

競馬記者の給与

Q:競馬記者がもらう年収って?
A:競馬記者は予想を出してお金をもらっているようなイメージがあります(実際はかなり異なりますが…:前回記事参照)。結構良い給料をもらっているそうで、年収は新人で500万~デスククラスで1000万、部長クラスで1500万なんだそうです(ヤフー知恵袋より)。「競馬記者」で検索賭けたときに「競馬記者になりたい」といった内容のサイトが複数上がってくるのはそれが1因なんでしょう。
なんとも下世話ですが、馬の取材して予想出したら年収500万~っていうなら馬好き競馬好きなら真っ先になりたい職業になるんでしょう。楽しく仕事してそれで食べていけるなら~と考えるんでしょうね。確かにそういう人にはうってつけの職業なのかも知れません。
Q:競馬記者の道
A:競馬記者もそのまま勤めていれば昇格というわけではなく、実際に予想で結果を残す必要があるそうで、やはり当たらない記者の予想はすぐに買えるのがこの世界の常識なんですね。現在は競馬予想サイトがかなりありますし、競馬情報を取り扱うサイトもかなりあります。こういったサイトのコラム担当や、独立してフリーの記者や評論家、予想提供会社の設立なんてことをしている記者も結構いるのも事実ですので、競馬記者の需要というのは結構高いのかも知れません。

記者紹介

Q:今回のハイライト競馬記者
宮崎 秀一 A:宮崎 秀一。日刊競馬のチーフトラックマンで、以前紹介した柏木集保氏寄りも早い入社をしている人物です。実績も高く、コラム「穴カルト」を担当するなど、調教内容をベースにした主に穴狙いの予想スタイルで人気を博していました。日刊競馬サイトでのスタッフ紹介では「UHFテレビ解説でお馴染みのチーフTM。馬単万馬券的中が生きがい。」と書かれていました。単勝穴狙いをするっぽいですね。
コラム:
「穴カルト」(日刊競馬新聞)
Q:著書は?
A:無し。単勝穴馬券の予想の仕方、高額配当の実績があるだけに非常に興味があります。今後出版されると嬉しいですね。
Q:記者経歴は?
A:今回もウィキペディアから引用しました↓
宮崎 修一
引用;
宮崎 秀一は競馬専門紙・日刊競馬の記者でチーフトラックマン。東京都出身、法政大学を卒業し、1972年に日刊競馬入社。尚、入社は現編集長である柏木集保よりも1年早い(年齢は柏木が1つ上)。そのため、普段は「柏木」と呼び捨てにしている。調教内容をベースにした主に穴狙いの予想スタイルで同紙では人気が高く、高額配当的中もしばしばある。同紙のコラム「穴カルト」を担当。 現在、メイン馬柱に掲載されている6人のトラックマンの中で最も長くメイン馬柱に掲載されている。看板評論家の柏木が1979年からメイン馬柱に載ったのに対し、宮崎はその3年前の1976年の時点で既にメイン馬柱に掲載されていた記録がある。つまり入社からメイン馬柱に名前が掲載されるまでの期間においては柏木よりもずっと早い段階での起用であった。また、一時期は本紙予想を担当していた時期もあった。
日刊競馬で入社後早くしてその競馬の才能を開花させていたんですね。やはり才能ある人は違うんでしょうか。中央競馬 ワイド中継・ハイライトのサイトで「競馬新聞は、その日の競馬が終わっても捨てないでね。後々に資料として使えるからさ!競馬は”ひらめき”が大事。1日戦い終わった競馬新聞には、その“ひらめき”に必要なものが、ちゃんと残るんだ」という一言を残しています。競馬新聞って言ったら競馬場に捨てられているのが普通ですが(ポイ捨てはいけません)、取っておく、というのは競馬記者ならではの言葉ですね。面白いと思います。 コラム「穴カルト」の方もかなり面白い内容になっていますので、日刊競馬、確認してみてはいかがでしょうか?
的中実績(競馬 最強の法則 予想家虎の穴より)
>>http://goo.gl/87epk
残念ながら近走での的中実績を確認できなかったため、競馬最強の法則WEBサイトより2004年の実績データを見せていただくことにしました。流石単勝党と言わんばかりに、2004年始まってすぐに、単勝900倍という馬券を的中させている模様です。
関連記事
スポンサーサイト
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。