スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

及川勉|競馬の立役者の一人

競馬と共に歩いた人生

Q:厩務員の父親?
A:及川勉氏。競馬ニュース(旧・競馬研究)でトラックマンを務めていました。。 ラジオNIKKEI『中央競馬実況中継』独立UHF放送局『中央競馬ワイド中継』に出演、正面解説・パドック解説にを行なっていました。つい最近の2月15日にお亡くなりおになられたとのことで、ご冥福を祈ります。
元々父親が厩務員で、競馬サークル内で競走馬と共に育ったとのことです。当時の厩務員は裕福な職業の方で、生活水準は高かったことがうかがわれます。
かつては新潟競馬場での予想で相当な実力を持っていたようで、パーフェクト予想(全レースを的中)を3回達成したとの話もある程です。競馬における生き字引とも言える及川氏。今回の紹介はこの方です。

原 良馬

Q:今回のハイライト競馬記者
及川勉 A:及川 勉。

今回はかの有名な競馬の老舗新聞とも言える競馬ニュース(競馬研究)のトラックマンで星野英治氏と共に重賞予想を担当していました。この競馬ニュース、レースの条件ごとに得意な予想師を変え、かなりの的中率を実現している新聞の一つです。

誌上では特注馬コラムを担当しており、その予想内容は厩舎情報に基づくものだったそうです。関係者情報としての予想の元祖といった感じですね。

競馬ニュース・及川氏インタビュー 
>> http://www.mp-tv.co.jp/keiba/back_no/feature_bk/feature6.html
>> http://goo.gl/hF6hI
記事では飲み会の中でパーフェクト予想を達成した話が出ています。非常に興味深いですね。
柏木集保氏の姿も見えるこの飲み会、今となっては貴重な取材資料となっていますね。
Q:競馬情報発信は?
A:
原良馬今週のフォーメーション
コラム出の担当・本紙での重賞予想を担当しており、ウワサでは
高い的中率だったとのことです。創刊以来長らく愛されてきた競馬研究は
昨年リニューアル、競馬ニュースとして再編されました。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
及川 勉氏の略歴
引用;
及川 勉

1948年1月28日、千葉県出身。父親が中山競馬場:矢倉玉男厩舎で厩務員を務めていたため、競馬サークルのなかで成長した。高校を2年で中退し、18歳の春より競馬研究でトラックマンの仕事を始めた。

土曜日はラジオNIKKEI『中央競馬実況中継』で、昼の正面解説とパドック解説に出演。日曜日は独立UHF放送局『中央競馬ワイド中継』で、パドック解説に出演していた。メインレースの展望では馬の調教解説も勤めていた。

「競馬研究」紙面では重賞などで本紙予想を担当していた(星野英治と本紙予想を分担)。2012年2月15日、病気の末に逝去。64歳没。

Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:コラム内容から予測するに厩舎情報や調教情報など、オーソドックスな予想手法をとっており、本命寄りの予想を行っていたんではないかと思ってます。かつての競馬では上記でも記載しましたが、パーフェクト予想を達成したとのことで、高い予想力を持っていることがよくわかります。
これからの競馬ニュースでは誰が予想するんでしょうか。及川氏の後を継ぐ新しいトラックマンが登場するのでしょうか…。上記のインタビューでは次世代に仕事を伝えていかなければならないとの発言もみられましたが、競馬立役者としての予想力をもつ及川氏に匹敵する予想家が現れるんでしょうか。期待ですね。
おまけ↓及川勉検定!
http://kentei.cc/k/1201155
毎回ながら、競馬関係のトラックマンでも検定が出てるっていうのがなかなか
すごいと思います。。。重ね重ねご冥福をお祈り申しあげます。
スポンサーサイト
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

原良馬|一流ジョッキーに魅せられて

遅咲きの実力派トラックマン

Q:厩舎取材のパイオニア?
A:原良馬氏。ウイニング競馬に出演中のトラックマン。 BSジャパンにて放映中のウイニング競馬に出演する、高齢現役トラックマンです。主に馬連による予想を番組内で提供しており、その的中率も高くなっています。また、ブログを現在も更新中など、バイタリティ溢れるトラックマンです。
トラックマンになる切っ掛けは、新聞記事で元一流ジョッキーの取材を行なった際に感銘を受け、競馬記者になることを志したとのことです。
取材のスタイルは当時調教時計が主流だった時代に厩舎取材を中心に記事を構成、評判となりました。他社の記者も厩舎取材に力をいれるようになり、結果的に厩舎取材のパイオニアとなったことで有名です。

原 良馬

Q:今回のハイライト競馬記者
原 良馬 A:原 良馬。

今回は高齢でも現役競馬記者として活躍する原良馬氏を取り上げます。新聞記者として取材した元一流ジョッキーに感化され、競馬ジャーナリストとしての道を志すようになった、真意意味での競馬ファンと言える人物です。

ウイニング競馬で予想を披露しており、その的中率もいいらしく、緻密な分析が売りの予想を行うとのこと。個人的にはこの年でも現役で競馬ファンというのはかなりの競馬好きですね。

オフィシャルブログ 
>> http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/wk/archives/diaryhara/index.html
ブログでは騎手に言及した内容のトラックマンならでは、長らく競馬界を見てき原氏ならではの視点でのコラムが記載されています。
もちろんレース内容のコラムも。若い競馬記者にはない卓越した物の見方を知ることができます。
Q:競馬情報発信は?
A:
原良馬今週のフォーメーション
細かい分析内容が光る原氏のコメント。長年の経歴がしっかりと活かされた
内容となっており、馬券種の指南まで。この歳でこれだけの情報量と、
解説力を持っているのは現役ならではと言っても過言ではありませんね。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
原良馬氏の略歴
引用;
原 良馬

元々は『週刊読売』の記者をしていたが、そこで掲載していた表舞台から去った人を特集するコーナーにて、ある元一流ジョッキーの取材をしたことがきっかけで段々と競馬ジャーナリストを志ざすようになり、1971年にデイリースポーツ東京本社に入社。中央競馬の予想記者を担当していた。

競馬記者デビューは三十代の後半という遅まきであった。原は競馬記者デビューが他の記者よりも、かなり遅れていたため、他の記者とは違うことをやろうと主に厩舎取材に専念した。

これが評判となり、他のスポーツ紙でも記者を厩舎取材に送り込むようになるなどデイリーのみならず、他紙にも大きな影響を与えることとなり、現在のスポーツ紙競馬記者は厩舎取材が主流となっている。デイリースポーツを1988年に退社し、こちらも競馬サークルでは初となるフリーターフライターとなった。

Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:コラム内容からも、かなりの堅実な競馬を好む人のようで、展開予想を主にしているそうです。どうも本命党寄りの予感がしますね。
原氏の買い目予想については今のところ番組内くらいしかなさそうですが、デイリースポーツ紙で公開しているとの話も。これはチェックしておかねば。
原良馬氏の実績
京成杯レース結果
見方はよくわかりませんが、「JRA-VANの鉄人」に参加している様子で、比較的新潟競馬場での実績が高い様子がわかりますね。実力派トラックマンもJRA-VANを使っているんですね・・・。
おまけ↓競馬場の達人!
競馬場の達人という番組なんですが、結構いろいろな有名人を
取り扱っていますね。。。知れば知るほど面白いってことなんでしょうか…
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。