スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

橋本全弘|穴のハシゼン、穴馬を見抜く!

ナリタブライアンを忘れない

Q:ナリタブライアンの著書を実筆
A:橋本全弘氏の著書「ナリタブライアンを忘れない」は結構有名な著書です。ナリタブライアンは1993年8月にデビューし、同年11月から1995年3月にかけてクラシック三冠を含むGI5連勝、10連続連対を達成し、1993年JRA賞最優秀3歳牡馬、1994年JRA賞年度代表馬及び最優秀4歳牡馬に選出され、優駿の1頭となっています。
元々頑固な穴党で、本紙でもその傾向があったハシゼン氏。このブログでも以前紹介しましたが、今回畏敬の念を込めて再度ソロでの紹介をしたいと思います。
当サイトでもイチオシの橋本全弘氏。影で中国競馬への貢献など、様々な活躍を見せており、競馬への思いは相当なもののようです。

橋本 全弘

Q:今回のハイライト記者
橋本 全弘 A:橋本 全弘。

今回は、元スポーツニッポン新聞の記者で、競馬ブームに乗り、競馬記者となった敬意の持ち主で、そのまま競馬記者としてフリーと成り、競馬の啓蒙活動を行うなど、競馬への貢献を深めています。

現在はフリーと成り、コラム提供や、買い目予想の提供、競馬情報の提供など、競馬記者として幅広く活躍しています。2005年より、競馬コンサルタントとして馬主サポート、中国富裕層へ向けての競馬紹介を行うなど多方面で活動中です

プロフィール >> http://goo.gl/GZ4MA(競馬NAVI)
公式サイトでは「競馬を支え、競馬シーンの中心的存在は、馬主であります。 私達は、長年培った経験と多彩な人脈で、馬主様を総合的にサポートし、馬主様の社会的地位向上を目指し、日本の競馬文化を高める研究をし続けます。」とあり、馬主を対象としたサポート業務を中心に競馬の社会貢献を目指しているようです。
競馬にここまで真直ぐな記者も珍しく、好感の持てる人格者と言えます。長年競走馬を見てきたからこその穴党、説得力があります。
Q:著書は?
A:
名駿オグリキャップ―厩務員池江敏郎との1000日 1991/12/1 ナリタブライアンを忘れない―私が見つめた最強三冠馬の軌跡 1997/5/1 怪物神話、再び―その後のオグリキャップと二世たち 1995/3/1 橋本全弘の万馬券はこうすれば取れる―人気薄に◎を打つプロの競馬理論!! 1996/6/1
90年代の競馬記者バリバリの頃に穴党としての競馬術を指南したものや、名馬の紹介、その産駒など、記者独特の視点で見た見解が多く、競馬の歴史が刻まれた書籍となっています。
Q:経歴は?
A:今回はプロフィールから引用しました↓
橋本 全弘氏の略歴
引用;
橋本 全弘
1954年 愛知県生まれ。
1979年 早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社入社。
1987年 中央競馬担当となり、同年武豊騎手デビューで巻き起こった競馬ブームに乗る。紙面では「穴のハシゼン(橋全)」のニックネームで親しまれ、オグリキャップのラストラン有馬記念で果敢に◎を打つなど数々の穴予想を的中させ穴党ファンに人気を博す。
2004年 スポニチを退社、フサイチの冠名で知られる馬主関口房朗氏の競馬顧問、共同通信社記者などを経て、現在は競馬評論家として活躍する。
2005年 競馬ジャーナリストの傍ら、競馬コンサルタントとして馬主サポート、中国富裕層へ向けての競馬紹介を行うなど多方面で活動中。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:穴党です。競馬記者を初めて9年間修行(?)した穴馬探し法を記した著書があるほど、穴馬を知っています。煮んっ気を博したのも、その徹底した穴馬主義が高じてのことだったんだと思いますね。
予想自体が古い情報なので検索してもなかなか出て来ませんが、オグリキャップへの◎は有名所です。
橋本 全弘氏の的中実績
前述の有馬記念でのオグリキャップの的中です。参考 >> http://goo.gl/aav67
橋本 全弘
35回有馬記念となると1990年というかなり昔の事になるんです。この頃は三連単はなく、馬単当てたらすごい!というレベルだったことがわかります。最近ではもう三連単当てたらすごいですからね…時代はかわりました。
当時、オグリキャップは引退前といえど、優駿。それでも4番人気と振るわなかったにも関わらず、穴のハシゼン氏は◎をつけました。しかも本紙予想で。これは大手新聞社の競馬記者としてはかなり思い切った行動なんですよね。だからこその穴のハシゼンなのです。
やはりいつ見ても感動のレースです。有名だからこその映像が未だにのこているというのが競馬の一つの醍醐味ですよね。映像が古いのもなんとも言えない時代感があります。
おまけ↓橋本全弘氏、被害者になってしまったことも…
スポーツニッポン記者殴打事件 >> http://goo.gl/Z94fn
なかなか大変な思いもされてきたようで、そういった度胸も付いているんでしょう‥お疲れさまです。。。
スポンサーサイト
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

斉藤洋一|敏腕レーシングマネージャー

一口馬主?

Q:中央競馬の競走馬の馬主に手軽になれる?
A:中央競馬会では一口馬主の制度を設けていますので、可能です。現在この制度を利用して約5万人が馬主として競走馬に投資参加しています。この一口馬主システム、少々複雑で、2つの法人が関係して成り立っています。その二つはクラブ法人と愛馬会法人で、馬主資格があるのは愛馬会法人だけなんです。簡単に解説すると、クラブ法人は馬の世話や実質の競馬による賞金稼ぎ、愛馬会法人は金銭管理をしています。出資は愛馬会法人にして、クラブにも入会する必要があります。クラブは複数ありまして、ユニオンオーナーズクラブなど、有名どこもあります。
一口馬主制度 >>http://goo.gl/As5TT(ウィキペディア)
一口馬主
(一口馬主DDより抜粋)
Q:一口馬主の課題?
A:現在のところ、課税方針や、補償、地方競馬出の一口馬主や、馬主の権利のあり方など、様々な部分で課題ができてきています。法律との関係が密接な競馬であり、金銭の直接的なやり取りの大きな中央競馬もなれば、競馬に関する法律の改正もありうる話で、なかなか難しいのが現状ですね。競馬自体は導入されて結構長いんですが、それに伴う投資や、馬主権限などの詳しい部分についてはなかなか整備されていないようで、今のこの二重経由体制も法律の禁止部分を回避するための形だそうで、つじつま合わせ的な部分が大きいようです。
馬主自体は結構魅力ある制度だと思うので参加はしてみたいんですけどね。まぁ、馬主になれる程の資産なんて無いんですが。

斉藤 洋一

Q:今回のハイライトレーシングマネージャー
斉藤 洋一 A:斉藤 洋一。今回は「ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン」に所属していたこの方です。一口馬主の募集と運営を行うユニオンオーナーズクラブでは生産者などを交えた懇親会などがあり、競走馬や競馬に関する貴重な内容の情報交換をできるようになっています。そんな由緒あるクラブで競走馬の生まれてからレースデビュー、成績を挙げるまでを間近で見てきた経験や、調教師等との情報関係は非常に深いもので、競馬に精通していることは言うまでもありません。
ユニオンオーナーズクラブ >>http://www.union-oc.co.jp/
予想情報は無いんですよね。結構有名な方ではあるんですが、その分専属契約も多く、情報の漏洩っていうのが殆ど無いのが現状のようです。以前にも専属契約で他の情報会社で活躍されていたようで、その情報のロイヤリティや需要が高いのがよくわかります。しばらくしたら新しいとこから情報出てくるかも知れませんね。
Q:著書は?
A:無し。有名な方なんですが、著書はありません。基本的に競走馬情報を直に取り扱う職業柄、そういった情報の秘密厳守が会社側で義務化されているのかもしれませんね。そのための情報価値が高いのかも知れません。専属契約でその価値を更に上げているのかも知れません。なかなかのビジネスマンですね。。。
馬主・島川隆哉氏のレーシングマネージャー
島川隆哉って、だれ?って感じですが、健康食品販売会社の株式会社ジャパンヘルスサミット代表取締役なんだそうです。冠名「トーセン」といったら解るでしょうか?そう、札幌記念に天皇賞秋を制したトーセンジョーダンなどなど、優駿を手掛ける大馬主です。そのレーシングマネージャーってことは斉藤洋一氏があの成績の実現に貢献していたって事なのは容易に想像できます。予想と言うよりも、勝つ競馬をコーディネートできる実力がすごいんでしょうね。
トーセンジョーダン成績Pickup
トーセンジョーダン
改めて見ても成績がすごいことがわかりますね。人気には必ず応える優駿です。この馬の育成やレースマネジメントをしていたとすると斉藤洋一氏は相当な才能の持ち主なんでしょう。。。舌を巻きます。。。
おまけ↓ ユニオンオーナーズクラブのセレクトツアー模様
ユニオンオーナーズクラブのセレクトツアーです。一口馬主のいいところは複数の馬主と競馬談義に花を咲かせることができたり、競馬の情報交換の効率が圧倒的に良いですよね!
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

辻三蔵|じっちゃんの名にかけて

トラックマンの運命

Q:過去の、競馬雑誌休刊後のトラックマンの生き方…
A:よく聞くのがホースニュースの事実上の廃刊に関する移籍です。かつてホースニュースカラの移籍という話はベテラントラックマンと言う比較的高齢の記者ではよく聞く話になっています。追っかけると意外と同郷(?)のトラックマンというのが多いと感じますね。そういった意味で他社とのつながりが深いのかもしれません。
今回紹介の辻三蔵氏は移籍をせず、そのままフリーのレーシングライター(競馬記者)となり、グリーンチャンネルで競馬解説を度々行うなど、実力による活躍が華々しいです。フリーのと言うと聞こえはいいですが、実際は経験と知名度で歯科仕事を獲得できない、自営業ですから、本当に実力があるのだと思います。 >
辻 三蔵 検定 >>http://kentei.cc/k/1430726/
前回に引き続き検定シリーズですw競馬記者検定はどうも検索すると結構出てきますね…

辻 三蔵

Q:今回のハイライト記者
辻 三蔵 A:辻 三蔵。今回はホースニュース休刊後、フリーのレーシングライターとして、競馬解説にコラムにと、実力をいかんなく発揮して競馬に人生を捧げるこの方です。基本的にはその博識と実力でフリーの道を行く記者で、その実力はJRA公式サイトで「新馬・クラシック情報」の記事を連載するほど。中央競馬にも認められたトラックマン…まさに競馬協会公認のプロの記者ですね。
プロフィール >> http://goo.gl/lb5G1(スパイシー)
コラム  >> http://d.hatena.ne.jp/sanzo2004321/(ハテナダイアリー)
現在はグリーンチャンネルの競馬解説コーナーで活躍しており、その解説内容・相馬眼はさすがといった所。その名前の由来は競馬好きだった祖父の名前を取ったとのことで、まさに「じっちゃんの名にかけて」といったところです。
去る11月27日にはジャパンカップ予想トークライブに出演するなど、競馬の代名詞とも言える活躍ぶりを見せており、この人なくしては中央競馬は語れない…のかも知れません。 参考:『辻三蔵の辻説法』 >> http://goo.gl/1q9BI
Q:著書は?
A:無し
コラムは検索すると出て来まして、オフィシャルなもの以外にも執筆している様子なので、探してみるのもいいかもしれません。てっとり早いのはJRA公式サイトでしょうか。。。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
辻 三蔵氏の略歴
引用;
辻 三蔵
明治大学卒業後、1998年にホースニュース社に入社。美浦トレーニングセンター担当のトラックマンとなる。
2008年2月に「ホースニュース・馬」が休刊。フリーのレーシングライターとなる。
「三蔵」は祖父の名前から。祖父の三蔵が競馬を趣味としており、それが競馬に興味を持つきっかけとなった。なお、その名前にするように薦めたのは井崎脩五郎である。 グリーンチャンネルの「明日のレース分析」「中央競馬中継EAST」にたびたび出演するほか、JRA公式ウェブサイトで「新馬・クラシック情報」の記事を連載している。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:穴馬度数という穴馬解説を行っているコラムがありますので、結構穴党なのかも知れません。過去には競馬道OnLine プレミアム予想で予想提供中との情報もありまして、やはり有能な競馬記者の予想となるとプレミアが付く、ということなんですね…それにしても、そこまで当たるんでしょうか・・?
参考:辻 三蔵 競馬コラム 無料競馬携帯サイト >>http://goo.gl/c0FdC
大穴を当てるときは「@おもいっきり振って、中穴は買う実に当てる」としており、競馬予想の美学を感じます。プレっミアが付くだけのことはありますね。。(管理人の買いかぶりな部分が大きいような気もします…)
辻 三蔵氏の的中実績
”12月11日中山12Rで◎ネコパンチが8番人気2着、馬連△-◎11,830円(6点買い)が的中しました”:http://goo.gl/xOc4M
上記の競馬コラム 無料競馬携帯サイトないでこんな記事を発見、自ら穴党ONLINEと称しているだけあって、回収率も垢抜けています。かなりのレベルの予想的中となっているようです。有料情報も見る価値有りそうですね…まだ提供しているんだろうか…
おまけ↓辻 三蔵氏相関図(スパイシー)
辻 三蔵相関図
プロのトラックマンの相関って結構広い業界を占めているんですよ…何かの法則?
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

吉田 均|「競馬はデータではない(勘だ)」

競馬記者の予想と勘

Q:競馬予想では最後にはやはり勘がモノを言う?
A:競馬記者の紹介を見ていると”最後は勘”との記載がよく見られ、最後は勘で決まるようです。 常に競走馬と実際の競馬を見てきている競馬記者だからこその勘があるのだと思います。しかしながら、予想を公にする機会が多くなっていく競馬記者ですから、データを無視して記者の勘で馬を選択しても、納得を得られないどころか外れれば干されてしまうことも。
そのために本命党として人気馬を選択する競馬記者が多いのだと思っていますが、個人的には競馬予想は最後の最後は勘だと思います。
勘 検定 >>http://kentei.cc/k/5964/
勘 これも検定できてしまいます。星座占いがいい日にこれをやると合格できるとか…

吉田 均

Q:今回のハイライト記者
吉田 均 A:吉田 均。

今回は競馬エイト創刊時から在籍している競馬エイト一筋(でも無い面があるんですが…)、の競馬記者です。座右の銘は「競馬はデータではなく勘」。なんとも巷にある競馬予想会社を全否定するような内容のお言葉ですが、実績もあるので、あながち嘘ではなさそうです。

こないだのステイヤーズステークス、なんと入賞の3頭中2頭を連下候補として的中させているんですね。人気も4番6番人気なので、馬単で万馬券という配当がついていました。勘…侮れません。詳しくは下で。

プロフィール >> http://goo.gl/wafYC(スパイシー)
コラム  >> http://goo.gl/EOJn9(keiba@nifty)
本人曰く「会社がやれといったからやっているだけ」で、「自分から『やりたい』って一回もいったこと」はないと、競馬最強の法則で書かれたとのエピソードがあり、 競馬は勘だ=めんどくさいから の図式が立ってしまう気がするのは気のせいでしょうか…
予想方法は穴党だったこともありますが、本紙予想では人気馬本命だったりと、まさに「勘」次第といった予想内容を披露していたようです。それでも人気が出るのはトラックマンとしての才があったからなのかも知れません。
Q:著書は?
A:無し。
コラムで土曜のレース展望をやっていまして、その感の鋭さが出ています。買い目情報とは行かないですが、推奨馬は連対していることが多い様子。
Q:経歴は?
A:今回もウィキペディアから引用しました↓
吉田 均氏の略歴
引用;
吉田 均
競馬エイト創刊時から在籍している(一時、産経本社の発行紙別分社政策によってサンケイスポーツ新聞社に属していた。
1983年以降定年間際まで関東版の本紙予想を担当した。本人曰く「会社がやれといったからやっているだけ」で、「自分から『やりたい』って一回もいったこと」はないという。
また、フジテレビジョン制作の『スーパー競馬』→『SUPER  EIBA』にもレギュラー解説者として出演、当初はスタジオ解説のみであったが、1994年から実況席解説(メインレースならびに準メイン)を担当した。大川慶次郎氏が死去した後は、パドック席解説も兼務した。パドック解説を兼務するようになってからは、実況席解説はメインレースのみの担当となり、『日曜競馬ニッポン』は実質上降板する形となった。
長年、競馬エイトの看板評論家として活躍していたが、60歳定年が迫っていたこともあり『SUPER KEIBA』終了とともにフジテレビレギュラー解説から降板、更に時期同じくして2008年1月より競馬エイト本紙予想担当からも外れ、後進にその道を譲ることとなった。
嘱託職となった後の2009年4月17日より、keiba@niftyにて土日のメインレース予想コラムを担当することとなった。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:勘を重視した予想方法で穴党、本命党となりうるオールマイティな予想です。土曜展望は定年後の現在2011年でも連載を続けており、その予想は健在しています。
競馬エイトに在籍時の宣伝動画。予想ネタが無いのでこれを掲載!
吉田 均氏の的中実績
コラムからこないだのステイヤーズステークスの予想と結果を検証!コレで結構な的中を出していたら競馬の勘を鍛えたいと思います。
《中山・ステイヤーズS》
JRAの平地競走としては最長距離となるレース。当然ながら問われるのはスタミナと持久力の有無だ。過去10年の連対馬20頭のうち13頭がアルゼンチン共和国杯からの直行組。今年はこの主流ステップから◎フォゲッタブルに注目したい。
スタミナ自慢が2走前の京都大賞典で5着とようやく復調の兆しを見せた。そして主流ステップを間に挟み、叩き3戦目でこの舞台。完全復活があるとすればズバリここを置いて他には考えられない。
対抗格はアルゼンチン共和国杯組では最先着を果たした○ビートブラック。2走前の京都大賞典ではローズキングダムに続く2着。4歳秋を迎えて春先よりも一段とパワーアップしている。3番手はこちらもスタミナには自信を持つ▲ナムラクレセント。
以下、連下候補はマイネルキッツを筆頭にイグアス、ビッグウィーク、メイショウクオリア、そしてヤングアットハートまでとした
↑↑結構データ分析っぽいことをしていますね。勘?な面はやはり最後の最後なんでしょうか?でも連下候補に1着馬マイネルキッツが入っています。あと、イグアスも。
ステイヤーズステークス
結果的に穴馬で連下馬連が的中しそうな予想?だったかと思います。頑張れば馬単…はないか…なかなか難しい内容です。やはり買い目情報が欲しいところ…
おまけ↓吉田 均氏実況解説2000年新潟記念
懐かしの新潟記念、吉田氏の実況解説。定年とはいえ、予想建材の同氏、競馬界のため、長生きして欲しいものです。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

大川慶次郎|競馬の神様

競馬の神様

Q:パーフェククト予想?
A:パーフェクト予想はその競馬場で開催される1~12レースの全てを的中させるこで、文字通り、完璧な予想です。そのため、並大抵の予想では的中しないのが普通です。そのためにこれを達成できる競馬予想をする人は神様的な扱いになります。と言っても昔の競馬と今の競馬では少々違っている所が多いですけどね。その点なかなかむずかしいところです。しかし12レース分の予想を的中させてしまうのは本当に難しいです。これを達成するのが競馬記者の夢ってなところでしょうか。
Q:昔の予想方法?
A:昔の競馬予想では風水やら四柱推命やらを分析して、競馬予想用に数字を組み込んである所謂占いで競馬予想を提供するような内容の商売が合ったそうです。今のようにデータ的な発想がない時代、こういった、神がかり的な内容の予想が売れたんだそうです。しかも作れる人が日本に数人しかいないという様な不思議なものだったそうです。まったく競馬に関するデータは無く、数字そのものに既にその年に運命付けられた、という内容で、完全に占いの域ですね。現代競馬の予想方法とはかなりの差があることがよくわかります。
昔のそういった予想方法よりは的中しやすくなっているデータ分析による予想、それでも当たらないのは、やはり神がかり的な何かが必要なんでしょうか?競馬は難しいですね。
参考:http://infoster.biz/2011/02/331

大川 慶次郎

Q:今回のハイライト記者
大川 慶次郎 A:大川 慶次郎。今回は競馬の神様と呼ばれたこの方です。パーフェクト予想を4回達成した本物の実力の持ち抜いしで、高い競馬予想の才能を持っていました。1999年の年の瀬に高血圧性脳出血で亡くなりました。大川氏は幼少の頃より競馬の近くで育ち、競馬とは運命的なつながりを持っていたそうです。競馬会では余りにも有名なこの方。このブログで取り上げないわけにはいかないでしょう。万を持して紹介します。
プロフィール >>http://goo.gl/PGChR(スパイシー)
伝説的な話題になっていますが、大川氏の最後の予想は、大川氏自身の亡くなった年の有馬記念の予想を見事的中(グラスワンダー)させ、競馬の神様の名に全く恥じない結果を残したということでした。以下抜粋↓ 大川の死から5日後、グラスワンダーはスペシャルウィークを際どいハナ差で退け優勝、大川の「生前最後の予想」は見事的中した。数日後、大川家に差出人「グラスワンダー」の花束が届いたという。 なんともドラマチックな終わり方ですが、競馬にもこんな深いwぴそ-度があったとは…不覚にも感動しました。
Q:著書は?
A:大川慶次郎回想録 まっすぐ競馬道 -杉綾の人生-(日本短波放送〈現・日経ラジオ社〉)
絶筆・大川慶次郎(角川書店・ザテレビジョン文庫)
サラブレッド101頭の死に方(アスペクト・徳間書店 共著)
特に「大川慶次郎回想録 まっすぐ競馬道」は大川氏の人生を綴ったとも言っていい著書で、この人なくしては今の競馬界の人気はな方といっていいほどの思いになります。競馬ファンであれば、この1冊は読んでおきたいですね。まさに競馬の立役者といっていいんじゃないでしょうか。今回はまじめにオススメの本です。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
大川 慶次郎
引用;
大川 慶次郎
1952年に慶應義塾大学を卒業し、高千穂製紙に就職。しかし会社員生活は性に合わず、考えるのは競馬のことばかり。毎週土曜日になると営業に出るふりをして会社の裏にある場外馬券売り場に馬券を買いに行ったという。結局入社から3年たった1955年に同社を退社し、明治座社長だった新田新作の競馬担当秘書となる。新田と親交のあった百瀬博教は、戦前に鈴木栄太郎(関東国粋会副幹事長で生井一家の貸元)の若い衆であった新田は戦後に足を洗って土木建築業の新田組を興し、連合軍ともコネがあり羽振りがよかったとしている。大川のおもな仕事は新田が競走馬を預託する藤本冨良調教師との連絡役であった。 秘書となった年、新田所有の4歳馬メイヂヒカリはクラシックの有力候補であった。しかし皐月賞を目前に控えた時期になってメイヂヒカリの飛節に肉腫ができていることが判明。無理をせずに休養をとらせたい藤本の意を受けた大川は無理にでも皐月賞に出走させようとする新田の説得にあたり、「未来がある馬だから出走させないでくれ。それに大金を投じて馬券を買うファンに迷惑がかかる」と土下座までしてみせた。新田は大川の説得に渋々応じたが、結果メイヂヒカリは見事立ち直り、菊花賞ではこの年のダービー馬・オートキツを10馬身突き放す圧勝。その後、翌1956年には天皇賞(春)・中山グランプリを制し年度代表馬に、さらに1990年には顕彰馬に選ばれるほどの活躍をした。
予想方針
まだまだ競馬予想の拙い時代、競馬=馬の能力100%として考えられていたんですが、大川市はここに展開予想を初めて要素として組み込みました。その画期的さは当時の競馬の風潮からすれば、革新的なものでした。現代にまで通じている予想方法を提案したということでは競馬予想にかなりの革命を起こしたんじゃないでしょうか。さすがです。
大川慶次郎氏の予想を反映したサイト
大川氏の娘である大川智絵氏の情報監修のサイトが有りまして、この御サイトではまさに大川氏の予想を受け継いだ大川智恵氏の予想を閲覧することのできるサイトです。伝説的な予想師の予想をまだ見ることができるのは本当に大川氏の実力あってこそでしょう。偉大な人物だと思います。
しかし大川智恵氏…ちょっと肥えてますね。。。
おまけ↓ ご冥福を祈ります。
古い感じの映像で、現役の大川氏を発見しました。

[大川 慶次郎] 
└”競馬の神様”大川 慶次郎氏の予想を唯一閲覧できる競馬予想サイト。

✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

狩野洋一|人生ギャンブル!馬券5割的中

ギャンブラーな人生-ロビンフッド702

Q:どうせスッて勝ってでしょ??
A:スッて勝っての繰り返しは事実のようです。しかし、そのアップダウンなジェットコースター人生を楽しんでいるというのが正しいかも知れません。人間なので本能的に安定を求めますが、ギャンブラーというのはこれを覆すある意味で理性的なのかも知れません。んな訳ないか・・w
ギャンブラーとは言いますが、本物になると勝負し、と読んだほうがいいのかも知れません。今回紹介する元競馬記者の方を知るとそう思えるかも知れませんw
Q:ギャンブラーで有名な人物
A:ベガスのロビンフッド
こんな人物を知っていますでしょうか?以前テレビでも取り上げられた人物なんですが、なんと、ラスベガスでのギャンブル勝ち金をそのまま援助金として貧しい人に渡すという、なんともかっちょいいギャンブラーです。
ロビンフッド702 >> http://gigazine.net/news/20091228_robin_hood_of_vegas/
同じギャンブラーでも、こんな義賊的な仕事をするギャンブラーの方が圧倒的にイメージがいいですね。日本でやるなら競馬に競輪・競艇でギャンブルってところでしょうか?しかしラスベガスに比較して時間掛かりそうですね。

狩野 洋一

Q:今回のハイライト元記者
狩野洋一 A:狩野 洋一。今回は元競馬記者のこの方。以前にギャンブラーとして須田 鷹雄氏を紹介しましたが、このかた、人生そのものがギャンブラーです。競馬と酒と麻雀がかなり好きな様子で、人生もその3つのキーワードは欠かせないそうです。そんな彼は競馬予想の提供を行なっていますので、今回ハイライトしました。他の競馬記者と違い、豪快な馬券の購入が特徴です。
プロフィール >> http://goo.gl/O5H0J(スパイシー)
オフィシャルブログ >> http://dokyusei.blog.ocn.ne.jp/syoubu/(OCN)
この方の人生を見ていると、まさにギャンブラー人生、と思うことまちがいなしです。特に見て欲しいページはここ。
http://dokyusei.blog.ocn.ne.jp/syoubu/2011/07/post_f68d.html
馬券と酒と麻雀に満足していた20代~競馬記者を辞めて「有名になりたい、儲けたい」と、飲食店を始めて儲からないから辞めて、サラリーマンしながら仲間内の賭け麻雀をして稼いだり、それを期に麻雀プロに転向、最短でタイトルを獲得、その後プロを辞めて麻雀講師したり執筆したりしてかなりの成果を上げた模様です。
右往左往しながら最終的にはギャンブラーに戻った、と言った感じです。(麻雀自体はギャンブルとは違いますが…)
Q:著書は?
A:やはり麻雀関連の本が多いようです。
3時間でわかるいちばんやさしい麻雀入門 成美堂出版 (2001/08)
天才騎手 (双葉文庫) 双葉社 (2002/09)
有馬記念殺人事件 (大陸ノベルス)  大陸書房 (1990/12)
有馬記念とミステリー結びつけた内容…なかなか妙ちくりんな著書をお持ちです…(競馬関係なさそう…)
Q:経歴は?
A:今回は馬券総合倶楽部から引用しました↓
狩野 洋一氏の略歴
引用;
狩野 洋一
競馬評論家・作家(日本推理作家協会会員)。競馬記者から麻雀プロに転向して第6期最高位のタイトルを獲得。著作に「ダービーを盗んだ男」「天才騎手」などがある。ブログ「狩野洋一の馬ウマ馬人生」:http://dokyusei.blog.ocn.ne.jp/
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:スタートから3ハロンのタイムと上がりを重視した「狩野式実力タイム理論」で穴馬を推奨し、仲の良い安藤勝己騎手に関する「アンカツ情報」と頼りになる騎手から狙う穴予想。中央・南関東とも3連単5頭ボックス買いで万馬券を連発。(馬券総合倶楽部参照)。
馬券総合倶楽部での勝率は5割前後。馬単、三連単ボックス5頭という潔良すぎる選択でこの勝率なので、正直言って、本物です。ギャンブラーでもプロっていうのがいるんだな…と感心してしまいます。。。
狩野 洋一氏の的中実績
では期待の万馬券的中↓
  • 11/12 京都11R 買い目 自信度B
  • ◎ 03 ユニバーサルバンク
  • ○ 05 トップゾーン
  • ▲ 02 ダノンバラード
  • × 09 モエレビクトリー
  • 注 10 マヤノライジン

選択馬券はもちろん馬単・三連単ボックス! 結果は
  • 馬単 03-05 200円 × 77.6倍 = 15520円
  • 3連単 03-05-02 100円 × 235.6倍 = 23560円
こんな感じで4鞍予想・買い目10種類の勝率5割程度というのがなんとも強烈…
おまけ↓狩野洋一相関
狩野洋一相関
オグリキャップと直接の知り合いっていうのがなんとも…馬主を通してるわけじゃなく?緒置く説のお付き合い関係が…?
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

杉本清|関西競馬実況中継の神様

フリーランス

Q:最近アナウンサーに流行りの?
A:放送局に属さず、都度契約をおこなって個人の力量で稼ぐ自営業者をフリーランスといい、最近はテレビアナウンサーのフリーランス宣言がよくあります。滝川クリステルさんや羽鳥慎一さんなんかは記憶に新しいフリーアナウンサーに転向した方々かと思います。このフリーランスには知名度が欠かせず、こういった芸能関係のフリーランス化が有名かと思います。競馬実況でもしかり、今回紹介するのは競馬実況アナウンサーですが、フリーランスとして、誰でも顔は一度見たことのあるあの方です。
Q:フリーランスの種類
A:有名なのはアナウンサーの例ですが、実際には様々な分野でフリーランスの方はいるようで、一部を抜粋すると、写真家、デザイナー、イラストレーターミュージシャン、作家、ライター、プログラマ、SEなどIT業界エンジニアなどなど、様々なものがあります。税金などの扱いが面倒なので、年末は確定申告の書類書きが大変なのだそうですが・・・。
フリーランスとしての収入も当然ながら不安定だそうで、余程の自信と覚悟が無いとフリーランスとしての活躍は難しいようです。
参考:http://goo.gl/acV48(ウィキペディア)
滝川クリステル
滝川クリステル↑フリーアナウンサー代表です。

杉本 清

Q:今回のハイライト記者
大川 慶次郎 A:杉本 清。今回はテレビでよく見かけるこのかた。現在はフリーアナウンサー(アナウンサーのフリーランス)として活躍していらっしゃるようで、スポーツうるぐすでの「こじつけvsプロの目」コーナーで江川卓さんとのツーショットは結構有名かと思います。しかしテキトーな予想ばかりでほとんど役に立たなかったですが…こじつけとかダメでしょう…いや、こじつけてたのは江川さんか…。。。
プロフィール >>http://www.ntv.co.jp/sports/profile/pro_sugimoto.html
(スポーツうるぐす公式サイト)
コラム >>http://www.ktv.jp/keiba/kiyoshi.html
(競馬Beat公式サイト)
よく見たらもう73歳という高齢じゃないですか…それでも競馬関係の仕事を続けているっていうのは本物の競馬ファンですね。実況では名フレーズを沢山残しているようで(失言も結構残しているようですが…)すし、もう伝説の人といっていいのかも知れませんね。そんなこの人は今でも競馬Beatでサイトのコラムを書いていまして、例の名フレーズ張りの秀逸なコラムを書かれています。コラムには予想も含まれていますが…期待するのは禁物です。ジャパンカップの結果wおっっ見ていただけるとよく分かるかと。
Q:著書は?
A:無し。しかしながら、数多くのテレビ番組への出演や、彼に関する文献は多く残っているようで、そちらを参照しても面白いです。
「杉本清のGI」(1997年)
杉本清、鈴木淑子「杉本清の競馬談義番外編 特別企画 / 杉本清 関西テレビ定年退職記念」(『優駿』1997年4月号、日本中央競馬会)
定年退職記念の対談形式の特集は結構気になりますね。97年の優駿なんで、入手困難な可能性が高いですが。。。私もこの対談を読んでみたいですね。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
杉本 清
引用;
杉本 清
奈良県大和高田市出身。奈良県立高田高等学校、関西学院大学法学部卒。少年時代は野球少年でプロ野球選手を目指そうとしたが、血尿が出たために断念。その後、ラジオの野球中継を聴いているうちに、プレーをしている選手よりも中継を実況しているアナウンサーに興味が移っていった。そして、大学在学中の1960年に知人のツテを頼って関西テレビにアルバイトとして入社。最初は大道具担当、ついで編成担当だったが、翌1961年、先輩の松本暢章に勧められアナウンサー試験を受験し合格し、正社員に登用される。同年の冬に研修で松本に連れられて行った阪神競馬場で馬券を的中させ、競馬の魅力に取り付かれる。
予想方針
俗に「私の夢」と呼ばれる杉本清氏の本命印はことごとく勝てないそうです。やはり実況している程競馬を見ていると言えど競馬で勝つことはどうも難しいようです。見るところもしっかりしていないと結局のところ勝てるかはわからないということなんですね。予想の方針としては超大穴狙い?もしくは危険馬狙い?になるんでしょうか…
的中実績
今年の菊花賞の予想を的中させています。もちろん人気馬ワンツースリーのガチガチ結果だったので、あまり参考にならないかもしれないですが。。。
2011年 菊花賞 三連単 14軸1頭マルチ 相手 1、5、8、13、16、17 2,190円 トリガミ!
おまけ↓史上最高の名勝負 97’有馬記念 実況
「関西競馬実況中継の神様」と謳われた杉本清氏の秀逸な実況中継をお聞きください。競走馬を心から愛する姿がよくわかります。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

須田 鷹雄|根っからのギャンブラー!

競馬はギャンブル

Q:当たり前!
A:競馬はギャンブルというと当たり前の様に聞こえますが、最近はどうもいかがわしい競馬予想会社が「投資競馬!」といい感じのイメージを付けて競馬予想を売ろうと頑張っていたりします。もちろんその全てが完全にいかがわしいわけではないんですが、詐欺っぽい会社も含まれているのは事実ですので、ご注意ください。競馬は飽くまでギャンブル。このことは常に念頭に。
競馬予想会社返金対策 >>http://www.akutoku-keiba.com/
Q:ギャンブル全般に強い競馬評論家?
A:前回からの競馬番組つながりでかつて人気を誇ったというものを見つけました。「酔いどれ競馬」という番組なんですが、この番組、「酒を飲みながら生放送する」というもので、今では到底考えられない内容となってますwなんとも強烈な番組でした。元々番組の1コーナーで、月一で放送されていたんですが、大元の番組が終了すると共に、独立し、新たに「酔いどれない競馬」として、スタートしました。もちろん題名のとおり、酒は飲まない方向で番組を進めています。「番組中の飲酒とそのエスカレート」に苦情が凄かったとか。当たり前なんですけどね。
酔いどれ競馬 >>http://goo.gl/Wtd29(ウィキペディア)
そんな番組で活躍していたのが、「お笑い競馬ライター」こと須田鷹雄氏です。同氏は競馬評論家として分類されてはいるものの、実際は放送作家や、競馬評論、競輪、競艇などにも精通しており、まさにギャンブラー競馬評論家と言ったイメージが強いのです。なんとも変な方ですね。以前紹介した井崎脩五郎氏の弟子でもあります。今回はこの人をハイライトします。
注目はテーブルに置かれたグラスでしょうか・・・

酔いどれ競馬スペシャル

記者紹介

Q:今回のハイライト人物
須田鷹雄 A:須田 鷹雄。ちょっと上記で触れたように、根っからのギャンブラーです。趣味は旅打ちだそうで、全国の競馬場を踏破したほどの熱心さで、かなり競馬通といえる。また、この他の公営賭博や、ラスベガスなどもしょっちゅう行くそうで、どこぞのヘタレ評論家よりも本格的なギャンブラー評論家ですねw障害走の大ファンでもあり、2000年まで活躍した障害レースの駿馬ポレールをお気に入りに挙げています。
オフィシャルブログ >>http://blog.livedoor.jp/suda_takao/
ネット競馬 コラム >>http://goo.gl/bbsbr
WIN5予想もこのオフィシャルブログで公開されていますよ。。。しかもタダ!
Q:著書は?
A:負け馬の遠吠え(双葉社)
バンキシュ!(光文社)
須田鷹雄の新理論「ガラット」(東邦出版)
POGの達人シリーズ(光文社)
いい日、旅打ち。公営ギャンブル行脚の文化史(中公新書ラクレ)
どれも須田氏らしいユーモラスな名前ですねwこれ以外にもダービースタリオンというゲームで最弱馬を作る企画や、師・井崎脩五郎氏との共著も行うなど、ユニークな執筆活動が目立ちますw
Q:記者経歴は?
A:今回もウィキペディアから引用しました↓
須田 鷹雄
引用;
大学在学中の1990年に別冊宝島「競馬ダントツ読本」でライターとしてデビュー。
1994年にはJR東日本に就職する。就職活動の際、面接した人間が吉沢宗一(元騎手。現在は競馬解説者)の実兄だったというエピソードがある。
JR東日本ではJRA・中山競馬場最寄り駅の西船橋駅に勤務。ちなみに当時のサラリーマン生活を、本人は著作の中で「副業」と表現している。また「競馬の神様」大川慶次郎がその「副業」ぶりを観に行ったことがあるという。
1996年にJR東日本を退社(このとき、退職金を中山競馬場で一日で全部使い果たしてしまったことを、のちに自ら明かしている)。血統評論家の田端到が社長を務める有限会社ドラゴンプレスに所属する。学生・サラリーマン時代はメディアに顔や本名を露出することはなかったが、退社後はライターだけではなくイベント出演やテレビ出演などを積極的にこなすようになる。
2000年には個人事務所として有限会社須田鷹雄商店を設立し取締役社長に就任。
予想の方針
回収額重視の印
須田鷹雄氏は大穴というわけでもなく、本命というわけでもなく、回収率重視です。ギャンブラーらしく、回収してこそ!という異性のようです。この姿勢はディープインパクトに対しても変わらず、1着が確定的であっても、◎は打たなかったというエピソードがあるんですね。それは1番人気も1番人気過ぎて回収額が全くよくないのが理由らしく、本人は「馬券の回収率が期待できないため本命を打たないだけで、馬としてのディープは決して嫌いではない」とのコメント。根っからのギャンブラーです。
そんな根っからギャンブラーの須田氏、なんとWIN5を既に2回も的中うさせています。100点程度購入しているようですが、それでもWIN5の的中の難易度を考えればかなりすごいことがわかります。ギャンブラー評論家恐るべし。
2度目のWIN5的中 >>http://blog.livedoor.jp/suda_takao/archives/66747701.html
的中実績
2011年8月21日(日)WIN5 6-6-13-7-7 972,310円(的中評922票)
本物の競馬評論家っていうのはこうでなくては張り合いがありませんね。。。しかしすごい。。。
おまけ↓ WIN5 2011年8月21日 結果
2011811WIN5結果 結構的中票は多かった様子ですが、それでも97万の配当金は三連単でも簡単には行かない内容ですよね。。。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

安田美沙子|芸能人でWIN5初的中

元グラビアアイドル 競馬予想

Q:WIN5を当てたグラビアアイドル?
A:安田美沙子さん。聞いたことがある人も多いでしょう。 去年9月11日のWIN5馬券の予想を自身のブログで掲載し、的中させているという、競馬好きなアイドルなのです。2006年の京都競馬場でのゲスト出演時にダイワメジャー号のファンとなって、その後は競馬番組などに出演することとなっています。
もともと競馬好きな様子だったようで、朝一のレースから購入するほどの競馬好き。成績は良くないようですが、大きく儲けたこともあるとのことで、回収率については少々気になるところです。
今だんだんと競馬サイトでも取り上げられるようになってきているWIN5は今が旬の馬券といっていいでしょう、それを当てる事ができるとは・・・注目の人物です。

安田 美沙子

Q:今回のハイライト芸能人
安田美沙子 A:安田 美沙子。

今回は、競馬女子代表とも言うべき元グラビアアイドルの安田美沙子さん。このかたは上記の通り、配当約100万円の2011年9月11日開催のWIN5を見事的中させています。そして予想のその票数なんと288通り。100円均等賭けであれば3万円弱で100万円を手にして事になります。

こんな競馬への才能を見せる安田美沙子さん。なんとスポーツ報知新聞での予想の連載が、1月5日より始まるそうです!これは必見ですね。

オフィシャルブログ >> http://ameblo.jp/misanna/
公式ブログで公表された今回の予想記事連載ですが、本人は「当たる予想目指して、毎週楽しみながら、本気の競馬ファンとしての予想していきます!うちとしては、データや、好きな馬への気持ちや、直感、全てを織り混ぜてくつもりです。年末かなり当たったから、この勢いを皆にもお裾分け出来るよう、全力で予想しますね」とのこと。
”年末かなり当たった”という内容が結構気になりますが、WIN5からさらに的中したのでしょうか?気になります。。。これからどんな予想をしてくれるのでしょうか?WIN5予想は必見ですね…さっそく今週末の競馬はスポーツ報知新聞をチェックです!
Q:競馬ゲームコラボ企画?
A:
WIN5の一件から更にコンな企画もあるそうで、検索で探していたらありました。スマホ向けの競馬ゲームのようで、安田美沙子コラボ企画との文字が。今まさに旬なグラビア予想家といっていいんじゃないでしょうか?
安田美沙子
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
安田 美沙子氏の略歴
引用;
安田 美沙子
1982年(昭和57年)、母親の実家である北海道札幌市で生まれた。
その後は京都府で育ち、宇治市立東宇治中学校を経て京都府立東宇治高等学校卒業。 摂南大学国際言語文化学部に在学中だった2001年(平成13年)ジェイアール京都伊勢丹でスカウトされて芸能界デビュー。 翌2002年(平成14年)、『ミスヤングマガジン』に選出されたことで広く知られるようになった。
安田はこの頃から多忙になり、大学は中退した。この年から、安田の地元である京都を本拠とする消費者金融会社、「アイフル」のコマーシャルに出演し、話題となった。
e-niceレーベル(徳間プロモーション)から歌手デビューを果たし、2004年には、『サントリービールキャンペーンガール』に選出された。
翌年にはテレビドラマ 『熟年離婚』に出演し、連続ドラマにおける女優デビューとなった。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:WIN5の予想を見ているとわかりますが、本命を入れつつも、穴を押さえる万能系というべきスタイルのようです。点数も288点となかなか抑えられた買い目数で、競馬予想として参考に出来る内容になっています。
WIN5的中で脚光を浴びたため、まだまだ予想の方向性は謎ですが、新聞への予想の連載でだんだんと明らかになってくるでしょう。
安田 美沙子氏の的中実績
安田 美沙子
WIN5的中の話題は結構有名になりましたからね。競馬情報サイトや芸能サイト等で大きく取り上げられた様子です。
競馬出有名なこの二人、なんとCM出共演していました。競馬とは関係ないですが。。。
おまけ↓安田美沙子さんの注目されるきっかけとなったCM。結構古いです。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

宮澤佐江|競馬初心者が京成杯で万馬券!

秋葉原のアイドル 万馬券的中!?

Q:競馬番組の新MCに抜擢?
A:宮澤佐江さん。いま国民的人気のアイドルグループAKBのチームKに所属している。 2012年京成杯3連単を見事に的中。しかも5着の馬までほぼ性格に的中させていたというから驚きですね。今や幅広く活躍するAKBのメンバー。去年は篠田麻里子さんの活躍があったようで、強運の持ち主の多いアイドルグループのようです。
競馬に関しては2012年から始めた様子で、ブログでは「競馬界に入門してはや10日…。こんなときがもう訪れて良いのかと」と綴られて、的中の報告をしているようです。
2012年度から大分競馬番組の構成がかわりまして、宮澤さんも「なまうま」の前身番組である「うまプロ」の篠田麻里子さんからMCのバトンを受け取ったとのことです。菊花賞的中させた篠田さんの後輩ということで、今後の予想に期待が持てますね。

宮澤 佐江

Q:今回のハイライト芸能人
宮澤 佐江 A:宮澤 佐江。

今回は、国民的アイドルグループから競馬番組「なまうま」MCに抜擢されたこの方。競馬を初めて10日で万馬券を的中させるという鋭い読みの才能を見せていることで、今回の肺有りと芸能人としました。

春になり、競馬も新番組がドンドン始まり、良いスタートを切っていると思います。シャンプーハットてつじさんも新番組でレギュラーとなるなど、芸能人の予想力から目が話せません!

オフィシャルブログ >> http://ameblo.jp/miyazawafamily/
京成杯を当てたとの内容で、ブログからはその詳細な内容は不明ですが、ニュースの方で万馬券を当てたとの内容が載っています。なんと三連単の的中だったそうで、今後の番組内での予想が楽しみですね。
しかし、競馬を初めて10日で的中とは、コレまたかなりの強運の持ち主で…。
Q:的中時の記事は?
A:
宮澤佐江的中
競馬場で観戦は出来なかったようですが、レース結果を見て喜んだそうで、競馬番組には向いてそうですね。
宮澤さんの予想はサンケイスポーツで連載中のそうで、今後の的中内容が気になるところです。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
宮澤 佐江さんの略歴
引用;
宮澤 佐江
2006年旧チームAが選出された『AKB48オープニングメンバーオーディション』に応募し落選したが、2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。旧チームKの一員となった。
10月25日発売のメジャーデビューシングル「会いたかった」で初めて選抜メンバー入り。以降23rdシングル「風は吹いている」まで、2度のじゃんけん大会(第1回、第2回)勝者による選抜曲を除いた全てのシングル表題曲で選抜メンバー入りを果たしている。
2012年1月7日 - 競馬バラエティ番組『なまうま』(フジテレビ)のМCに起用される。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:京成杯の的中内容から予想するに、中穴党といったところでしょうか?5着までの予想結果がほぼ的中というのも注目点ですね。内容としては1,2番人気の絡む三連単でしたので、配当の方も落ち着いた金額でしたが、三連単は5番人気の入着で万馬券となっていました。
前回の安田美沙子さんと同じく、新聞での予想コーナーでその才能が発揮されることでしょう。必見です!
宮澤 佐江さんの的中実績
京成杯レース結果
↑京成杯の結果です。なんとも競馬を始めたばかりなんだそうで、データ自体は少ないですが、5着の9番人気スノードンまで予想に入れていたというのがなかなか才能と可能性を垣間見させられる内容ですね!
おまけ↓「なまうま」MC初挑戦!
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。