スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

森田宏樹|常勝のモリタ

美浦トレセンで20年以上のトラックマン歴

Q:常勝のモリタの万馬券術
A:森田宏樹(もりたひろき)。「内外タイムス社」の元トラックマン。 現在内外タイムス社は無くなってしまいましたが、20年以上美浦専属のトラックマンとして活躍。
この間に調教師を始め、厩舎関係者との気づいた人脈は多彩。
同社では本誌予想を担当、レース部長も歴任している実力者で、厩舎関係者から入って来る情報は制度が高いです。
予想では恒例の万馬券術を披露し、常勝のモリタの呼び声が飛び交い始め、現在ではミリオンゲートという競馬予想サイトの情報アドバイザー就任しています。

森田宏樹(もりたひろき)

Q:今回のハイライト競馬記者
森田宏樹 A:森田宏樹。

今回は、内外タイムス社でレース部長を兼、美浦のトラックマンとして中央競馬で20年以上活躍した森田宏樹氏です。

「内外タイムス社」の競馬コーナーのレース部長を担当し、トラックマンとしては20年以上のキャリア持ち、調教師をはじめ厩舎関係者との人脈は幅広いです。予想でも、人脈を活かした情報力を武器に万馬券予想を輩出していて、常勝のモリタという呼び声が高かったようです。

現所属サイト
>> http://m-gate.jp
森田氏の現所属するサイトです。競馬予想における競走馬情報や、レース予想を提供しています。
Q:競馬情報発信は?
A:
オフィシャルサイト
現予想アドバイザーをしているミリオンゲートにて森田氏独自に集めた情報で予想買い目を提供しています。
提供される買い目はミリオンゲートの独自のシステムで予想される買い目とは全くの別物で、森田氏個人の情報ルートからの算出される買い目になっています。
Q:経歴は?
A:今回はミリオンゲートプロフィールから引用しました↓
森田宏樹氏の略歴
引用;
森田宏樹

平成2年、内外タイムス社の中央競馬担当記者となり、以後20年以上、競馬取材記者として毎週美浦トレセンで取材活動に携る。

この間、調教師を始め、調教助手、厩務員ら厩舎関係者と気づいた人脈は多彩。こういった人脈を通じて得た多くの情報を駆使した予想も的確で特に夏の北海道競馬では、平成10年函館記念(パルブライトーサクラエキスパートの馬連1万7,950円)から4年連続で万馬券を的中させている。

同社では、本社予想担当、レース部長も歴任。厩舎関係者から入ってくる情報の制度は高い。

Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:森田氏が築いた情報ルートから算出される、回収額重視の常勝馬券です。
内外タイムスでレース部長まで上り詰め、数々の万馬券を輩出した馬券術は必見です。 実際にミリオンゲートでは、森田氏の競馬コラムなども掲載されています。

2012年8月11日
新潟11R 長岡ステークス
3連単 4-11-13
25,290円的中!!

※ミリオンゲートより転載

森田氏が現在よそうアドバイザーをしているミリオンゲートでは森田氏競馬コラム以外にも、栗東トレセンリポートといったトレセンのリアルタイムな競馬譲歩言うが閲覧できます。

競馬予想サイトではありますが、登録は無料。勿論コラムも、リポートも無料で閲覧できるため競馬予想の参考に利用することができます。

森田氏の予想は、有料情報のようですがその情報ルートから算出される予想はかなり精度が高いです。
【▼無料情報買い目情報】にも森田氏のアドバイスが加えられていると予測できます。 的中率はかなり高かったです。
スポンサーサイト
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

弥永明郎|「競馬界のゴルゴ13」

国籍不詳の競馬記者・馬券師

Q:謎に満ちた男?
A:弥永明郎氏。現役の「馬三郎」のトラックマンです。 経歴としてはダービーニュース、ホースニュース・馬、デイリースポーツ、馬三郎と渡り歩いてきた経歴の持ち主で、まさに競馬記者一本の生活をしてきた競馬とともに生きる人物です。
競馬界では通称「競馬界のゴルゴ13」の異名をとっており、高い的中力を誇る競馬記者として認識されている模様です。現在も予想情報を発信中ともなれば、情報源として頼りになる存在ですね。
情報収集のための人脈に関しても競馬記者として、広さと深さがあることは間違いのない、まさに競馬記者一筋の人生といって過言ではないでしょう。

弥永 明郎

Q:今回のハイライト競馬記者
弥永明郎 A:弥永 明郎。

今回はダービーニュースを始め、ホースニュース・馬、デイリースポーツ、馬三郎と競馬記者一筋の道を歩んでいるこの人物、「競馬界のゴルゴ13」こと弥永明郎氏です。

グリーンチャンネルの解説者人気投票では常にトップと言われていた人気競馬記者です。オフィシャルサイトも持っており、高い的中率で有名であることから上記のようなニックネームをもらったとのことです。

オフィシャルサイト・プロフィール
>> http://yanaga.info/
有料のコンテンツもある、公式サイトです。本人のブログや予想情報の購入を行うことができます。ちなみに1鞍1ポイントで提供、15ポイント1万円成。大体700円くらいでしょうか、情報料としては安いですね。
オッズが守られるように差別化された有料情報を定額で提供している点が好印象ですね。
Q:競馬情報発信は?
A:
オフィシャルサイト
オフィシャルサイトで有料情報として提供もしていますが、誌上でも予想を披露しているようです。本命よりも穴よりの予想が当たるとのウワサもある競馬記者になっています。
Q:経歴は?
A:今回はプロフィールから引用しました↓
弥永 明郎氏の略歴
引用;
弥永 明郎

千葉県船橋市出身 AB型 水瓶座 身長185cm。
ダービーニュース、ホースニュース・馬、デイリースポーツ、馬三郎と渡り歩き、競馬記者一筋25年以上。

現在は馬三郎にて予想提供や競馬解説を行うなど、精力的に活動中。

「競馬界のゴルゴ13」との異名を撮る程の競馬予想の実力者として知られる反面、国籍不詳・年齢不詳などの情報もあり、謎多き人物となっています。

Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:トレセン内の情報を元に馬券を組み立てる模様。本命とも、穴馬ともなりうる予想スタイルです。
記者紹介のページで見かけたのは、上記の内容でした。トラックマンらしく、競馬場婦を元にした馬券予想を行うようです。本命によることも、穴馬となることもある、クセのある予想スタイルのようです。勝負のポイントを「当日の懐次第で額は変わるが、「男」は引いたら負け!勝つまでやる!」としており、負けて終わりという事はない、男のスタイルを貫いているようです。

■予想成績
【1】 最高払戻:36万8210円
【2】 平均配当:9099円
【3】 的中率:31%
【4】 回収率:79%
【5】 ◎勝率20% / 回収率94%
【6】 ◎複勝率46% / 回収率105%
【7】 予想レース数:737R
【8】 的中レース数:190R
【9】 総購入金額:217万5600円
【0】 総払戻額:172万8810円
 ※デイリー馬三郎より転載

総合成績が記載されていましたので拝借。このサイトでは毎週の成績が閲覧できるようになっておりまして、7月22日新潟1Rの2歳新馬戦で3連単の的中を果たしたとのことです。ダテに25年のトラックマン人生を歩んではいないということです。
おまけ↓弥永明郎氏の馬券師勝負動画!
http://www.mondotv.jp/entertainment/bakenshi_club/5-6
残念ながら有料の情報ということです…。競馬ファンの皆様、「馬券師倶楽部」の馬券師対決をよろしくお願いします。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

恩田 勉|競馬記者から本格化

競馬記者から競馬界へ

Q:競馬一筋の道?
A:恩田勉氏。元々「競友」(現在の競馬セブン)で取材記者として活躍していました。。 その後「ホースニュース馬」へ移籍、9年ほど経ってからユーワホースクラブ(現在の東京ホースレーシング)に入社。本格的に競馬に関わる仕事へと時間を掛けて携わるようになっています。
競馬記者から馬主法人への転職というのはなかなか稀有な経験の持ち主かと思います。現在も予想情報を発信中ともなれば、情報源として頼りになる存在ですね。
情報収集のための人脈に関しては競馬記者の垣根を超えた広さと深さがあることは間違いのないまさに競馬一筋の人生といって過言ではないでしょう。

恩田 勉

Q:今回のハイライト競馬記者
恩田勉 A:恩田 勉。

今回は競馬記者から馬主法人へ入社した珍しい経歴の持ち主のこの方。かつて競友という「穴の競友」として名高い、本命レースと穴レースに分けて明解に分析↓回収率重視の情報を載せる競馬新聞の記者をしていました。

誌上では主として厩舎回りを担当して各種情報を収集。ローカル開催の折には、福島と地元新潟を担当しており、穴馬選択の技術を現場で学んでいました。

オフィシャルブログ・プロフィール
>> http://ameblo.jp/t-ondabaken/
>> http://profile.ameba.jp/t-ondabaken/
プロフィールと予想記事を掲載してくれています。なんとも無料で予想情報を見れるため、非常に質の良いブログです。
予想情報自体は気まぐれに更新している模様なので、必ずしも見られるというわけではなさそうです…。
Q:競馬情報発信は?
A:
美浦 競馬情報の鬼のブログ
ブログによる情報配信をしています。競馬界のコアな情報を情報料豊富に掲載しています。
また、自信の予想情報に関する内容にも触れています。
Q:経歴は?
A:今回はプロフィールから引用しました↓
恩田 勉氏の略歴
引用;
恩田 勉

1950(昭和25)年、新潟に生れる。
1976~1980(昭和51~55)年、「競友」(現在の競馬セブン)で取材記者として活躍。
主として厩舎回りを担当して各種情報を収集。
ローカル開催の折には、福島と地元新潟を担当した。

1980(昭和55)年途中から「ホースニュース馬」へ移籍。

1989(平成元)年、ユーワホースクラブ入社。
クラブ馬の買い付けで日高地方の生産牧場を回り、厩舎への預け入れや所属馬の管理も担当。
外国馬の買い付けにも参加し、約10年のあいだケンタッキーやフロリダへの往来を繰り返す。
2006(平成18)年より、某個人馬主の所有馬管理を担当して、オーナーと調教師とのパイプ役として活動。
これらの活動のあいだも、都合30年以上美浦トレセンへ出入りし、情報収集活動を行う。

Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:初期の競馬新聞での予想経験から、どうも穴よりな予想を展開する模様です。
実際にブログのエントリーに残っている予想情報(2011年1月22日中山9R~11R)では、3レースとも7頭の選択で見事1~3着馬を的中させています。この期競馬チャンネルでの予想公開という形になっている模様で、やはりこれだけの予想力を持った予想家を放っては置かれなかったんでしょう。ちなみに当時の9Rの予想のみ拝借しました。

■中山9R  菜の花賞  芝1600m
牝馬限定の一勝馬の戦い。
トリッキーな中山マイル戦でガンガン飛ばす馬が見当たらず、スローから上がりの競馬になる予感。
サイレントソニックの人気だろうが、ここはマヒナの切れ味に期待する。
前走は出遅れながらも直一気。
上がり34秒台の脚で差し切っている。
充実一途。

◎マヒナ
○ヤマノラヴ
▲サイレントソニック
☆アカンサス
△デラコリーナ
△ツクババレー
△マイネソルシエール

結果はこちらで確認!
結果は中穴レベルの配当でした。この他中山10,11Rと予想していますので是非確認してみてください。
おまけ↓恩田勉の名前検定結果!
恩田勉さん凶多すぎ
なんて言うか、この内容から大吉っていうのは無理があるような気がします…
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

及川勉|競馬の立役者の一人

競馬と共に歩いた人生

Q:厩務員の父親?
A:及川勉氏。競馬ニュース(旧・競馬研究)でトラックマンを務めていました。。 ラジオNIKKEI『中央競馬実況中継』独立UHF放送局『中央競馬ワイド中継』に出演、正面解説・パドック解説にを行なっていました。つい最近の2月15日にお亡くなりおになられたとのことで、ご冥福を祈ります。
元々父親が厩務員で、競馬サークル内で競走馬と共に育ったとのことです。当時の厩務員は裕福な職業の方で、生活水準は高かったことがうかがわれます。
かつては新潟競馬場での予想で相当な実力を持っていたようで、パーフェクト予想(全レースを的中)を3回達成したとの話もある程です。競馬における生き字引とも言える及川氏。今回の紹介はこの方です。

原 良馬

Q:今回のハイライト競馬記者
及川勉 A:及川 勉。

今回はかの有名な競馬の老舗新聞とも言える競馬ニュース(競馬研究)のトラックマンで星野英治氏と共に重賞予想を担当していました。この競馬ニュース、レースの条件ごとに得意な予想師を変え、かなりの的中率を実現している新聞の一つです。

誌上では特注馬コラムを担当しており、その予想内容は厩舎情報に基づくものだったそうです。関係者情報としての予想の元祖といった感じですね。

競馬ニュース・及川氏インタビュー 
>> http://www.mp-tv.co.jp/keiba/back_no/feature_bk/feature6.html
>> http://goo.gl/hF6hI
記事では飲み会の中でパーフェクト予想を達成した話が出ています。非常に興味深いですね。
柏木集保氏の姿も見えるこの飲み会、今となっては貴重な取材資料となっていますね。
Q:競馬情報発信は?
A:
原良馬今週のフォーメーション
コラム出の担当・本紙での重賞予想を担当しており、ウワサでは
高い的中率だったとのことです。創刊以来長らく愛されてきた競馬研究は
昨年リニューアル、競馬ニュースとして再編されました。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
及川 勉氏の略歴
引用;
及川 勉

1948年1月28日、千葉県出身。父親が中山競馬場:矢倉玉男厩舎で厩務員を務めていたため、競馬サークルのなかで成長した。高校を2年で中退し、18歳の春より競馬研究でトラックマンの仕事を始めた。

土曜日はラジオNIKKEI『中央競馬実況中継』で、昼の正面解説とパドック解説に出演。日曜日は独立UHF放送局『中央競馬ワイド中継』で、パドック解説に出演していた。メインレースの展望では馬の調教解説も勤めていた。

「競馬研究」紙面では重賞などで本紙予想を担当していた(星野英治と本紙予想を分担)。2012年2月15日、病気の末に逝去。64歳没。

Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:コラム内容から予測するに厩舎情報や調教情報など、オーソドックスな予想手法をとっており、本命寄りの予想を行っていたんではないかと思ってます。かつての競馬では上記でも記載しましたが、パーフェクト予想を達成したとのことで、高い予想力を持っていることがよくわかります。
これからの競馬ニュースでは誰が予想するんでしょうか。及川氏の後を継ぐ新しいトラックマンが登場するのでしょうか…。上記のインタビューでは次世代に仕事を伝えていかなければならないとの発言もみられましたが、競馬立役者としての予想力をもつ及川氏に匹敵する予想家が現れるんでしょうか。期待ですね。
おまけ↓及川勉検定!
http://kentei.cc/k/1201155
毎回ながら、競馬関係のトラックマンでも検定が出てるっていうのがなかなか
すごいと思います。。。重ね重ねご冥福をお祈り申しあげます。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

原良馬|一流ジョッキーに魅せられて

遅咲きの実力派トラックマン

Q:厩舎取材のパイオニア?
A:原良馬氏。ウイニング競馬に出演中のトラックマン。 BSジャパンにて放映中のウイニング競馬に出演する、高齢現役トラックマンです。主に馬連による予想を番組内で提供しており、その的中率も高くなっています。また、ブログを現在も更新中など、バイタリティ溢れるトラックマンです。
トラックマンになる切っ掛けは、新聞記事で元一流ジョッキーの取材を行なった際に感銘を受け、競馬記者になることを志したとのことです。
取材のスタイルは当時調教時計が主流だった時代に厩舎取材を中心に記事を構成、評判となりました。他社の記者も厩舎取材に力をいれるようになり、結果的に厩舎取材のパイオニアとなったことで有名です。

原 良馬

Q:今回のハイライト競馬記者
原 良馬 A:原 良馬。

今回は高齢でも現役競馬記者として活躍する原良馬氏を取り上げます。新聞記者として取材した元一流ジョッキーに感化され、競馬ジャーナリストとしての道を志すようになった、真意意味での競馬ファンと言える人物です。

ウイニング競馬で予想を披露しており、その的中率もいいらしく、緻密な分析が売りの予想を行うとのこと。個人的にはこの年でも現役で競馬ファンというのはかなりの競馬好きですね。

オフィシャルブログ 
>> http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/wk/archives/diaryhara/index.html
ブログでは騎手に言及した内容のトラックマンならでは、長らく競馬界を見てき原氏ならではの視点でのコラムが記載されています。
もちろんレース内容のコラムも。若い競馬記者にはない卓越した物の見方を知ることができます。
Q:競馬情報発信は?
A:
原良馬今週のフォーメーション
細かい分析内容が光る原氏のコメント。長年の経歴がしっかりと活かされた
内容となっており、馬券種の指南まで。この歳でこれだけの情報量と、
解説力を持っているのは現役ならではと言っても過言ではありませんね。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
原良馬氏の略歴
引用;
原 良馬

元々は『週刊読売』の記者をしていたが、そこで掲載していた表舞台から去った人を特集するコーナーにて、ある元一流ジョッキーの取材をしたことがきっかけで段々と競馬ジャーナリストを志ざすようになり、1971年にデイリースポーツ東京本社に入社。中央競馬の予想記者を担当していた。

競馬記者デビューは三十代の後半という遅まきであった。原は競馬記者デビューが他の記者よりも、かなり遅れていたため、他の記者とは違うことをやろうと主に厩舎取材に専念した。

これが評判となり、他のスポーツ紙でも記者を厩舎取材に送り込むようになるなどデイリーのみならず、他紙にも大きな影響を与えることとなり、現在のスポーツ紙競馬記者は厩舎取材が主流となっている。デイリースポーツを1988年に退社し、こちらも競馬サークルでは初となるフリーターフライターとなった。

Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:コラム内容からも、かなりの堅実な競馬を好む人のようで、展開予想を主にしているそうです。どうも本命党寄りの予感がしますね。
原氏の買い目予想については今のところ番組内くらいしかなさそうですが、デイリースポーツ紙で公開しているとの話も。これはチェックしておかねば。
原良馬氏の実績
京成杯レース結果
見方はよくわかりませんが、「JRA-VANの鉄人」に参加している様子で、比較的新潟競馬場での実績が高い様子がわかりますね。実力派トラックマンもJRA-VANを使っているんですね・・・。
おまけ↓競馬場の達人!
競馬場の達人という番組なんですが、結構いろいろな有名人を
取り扱っていますね。。。知れば知るほど面白いってことなんでしょうか…
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

橋本全弘|穴のハシゼン、穴馬を見抜く!

ナリタブライアンを忘れない

Q:ナリタブライアンの著書を実筆
A:橋本全弘氏の著書「ナリタブライアンを忘れない」は結構有名な著書です。ナリタブライアンは1993年8月にデビューし、同年11月から1995年3月にかけてクラシック三冠を含むGI5連勝、10連続連対を達成し、1993年JRA賞最優秀3歳牡馬、1994年JRA賞年度代表馬及び最優秀4歳牡馬に選出され、優駿の1頭となっています。
元々頑固な穴党で、本紙でもその傾向があったハシゼン氏。このブログでも以前紹介しましたが、今回畏敬の念を込めて再度ソロでの紹介をしたいと思います。
当サイトでもイチオシの橋本全弘氏。影で中国競馬への貢献など、様々な活躍を見せており、競馬への思いは相当なもののようです。

橋本 全弘

Q:今回のハイライト記者
橋本 全弘 A:橋本 全弘。

今回は、元スポーツニッポン新聞の記者で、競馬ブームに乗り、競馬記者となった敬意の持ち主で、そのまま競馬記者としてフリーと成り、競馬の啓蒙活動を行うなど、競馬への貢献を深めています。

現在はフリーと成り、コラム提供や、買い目予想の提供、競馬情報の提供など、競馬記者として幅広く活躍しています。2005年より、競馬コンサルタントとして馬主サポート、中国富裕層へ向けての競馬紹介を行うなど多方面で活動中です

プロフィール >> http://goo.gl/GZ4MA(競馬NAVI)
公式サイトでは「競馬を支え、競馬シーンの中心的存在は、馬主であります。 私達は、長年培った経験と多彩な人脈で、馬主様を総合的にサポートし、馬主様の社会的地位向上を目指し、日本の競馬文化を高める研究をし続けます。」とあり、馬主を対象としたサポート業務を中心に競馬の社会貢献を目指しているようです。
競馬にここまで真直ぐな記者も珍しく、好感の持てる人格者と言えます。長年競走馬を見てきたからこその穴党、説得力があります。
Q:著書は?
A:
名駿オグリキャップ―厩務員池江敏郎との1000日 1991/12/1 ナリタブライアンを忘れない―私が見つめた最強三冠馬の軌跡 1997/5/1 怪物神話、再び―その後のオグリキャップと二世たち 1995/3/1 橋本全弘の万馬券はこうすれば取れる―人気薄に◎を打つプロの競馬理論!! 1996/6/1
90年代の競馬記者バリバリの頃に穴党としての競馬術を指南したものや、名馬の紹介、その産駒など、記者独特の視点で見た見解が多く、競馬の歴史が刻まれた書籍となっています。
Q:経歴は?
A:今回はプロフィールから引用しました↓
橋本 全弘氏の略歴
引用;
橋本 全弘
1954年 愛知県生まれ。
1979年 早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社入社。
1987年 中央競馬担当となり、同年武豊騎手デビューで巻き起こった競馬ブームに乗る。紙面では「穴のハシゼン(橋全)」のニックネームで親しまれ、オグリキャップのラストラン有馬記念で果敢に◎を打つなど数々の穴予想を的中させ穴党ファンに人気を博す。
2004年 スポニチを退社、フサイチの冠名で知られる馬主関口房朗氏の競馬顧問、共同通信社記者などを経て、現在は競馬評論家として活躍する。
2005年 競馬ジャーナリストの傍ら、競馬コンサルタントとして馬主サポート、中国富裕層へ向けての競馬紹介を行うなど多方面で活動中。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:穴党です。競馬記者を初めて9年間修行(?)した穴馬探し法を記した著書があるほど、穴馬を知っています。煮んっ気を博したのも、その徹底した穴馬主義が高じてのことだったんだと思いますね。
予想自体が古い情報なので検索してもなかなか出て来ませんが、オグリキャップへの◎は有名所です。
橋本 全弘氏の的中実績
前述の有馬記念でのオグリキャップの的中です。参考 >> http://goo.gl/aav67
橋本 全弘
35回有馬記念となると1990年というかなり昔の事になるんです。この頃は三連単はなく、馬単当てたらすごい!というレベルだったことがわかります。最近ではもう三連単当てたらすごいですからね…時代はかわりました。
当時、オグリキャップは引退前といえど、優駿。それでも4番人気と振るわなかったにも関わらず、穴のハシゼン氏は◎をつけました。しかも本紙予想で。これは大手新聞社の競馬記者としてはかなり思い切った行動なんですよね。だからこその穴のハシゼンなのです。
やはりいつ見ても感動のレースです。有名だからこその映像が未だにのこているというのが競馬の一つの醍醐味ですよね。映像が古いのもなんとも言えない時代感があります。
おまけ↓橋本全弘氏、被害者になってしまったことも…
スポーツニッポン記者殴打事件 >> http://goo.gl/Z94fn
なかなか大変な思いもされてきたようで、そういった度胸も付いているんでしょう‥お疲れさまです。。。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

斉藤洋一|敏腕レーシングマネージャー

一口馬主?

Q:中央競馬の競走馬の馬主に手軽になれる?
A:中央競馬会では一口馬主の制度を設けていますので、可能です。現在この制度を利用して約5万人が馬主として競走馬に投資参加しています。この一口馬主システム、少々複雑で、2つの法人が関係して成り立っています。その二つはクラブ法人と愛馬会法人で、馬主資格があるのは愛馬会法人だけなんです。簡単に解説すると、クラブ法人は馬の世話や実質の競馬による賞金稼ぎ、愛馬会法人は金銭管理をしています。出資は愛馬会法人にして、クラブにも入会する必要があります。クラブは複数ありまして、ユニオンオーナーズクラブなど、有名どこもあります。
一口馬主制度 >>http://goo.gl/As5TT(ウィキペディア)
一口馬主
(一口馬主DDより抜粋)
Q:一口馬主の課題?
A:現在のところ、課税方針や、補償、地方競馬出の一口馬主や、馬主の権利のあり方など、様々な部分で課題ができてきています。法律との関係が密接な競馬であり、金銭の直接的なやり取りの大きな中央競馬もなれば、競馬に関する法律の改正もありうる話で、なかなか難しいのが現状ですね。競馬自体は導入されて結構長いんですが、それに伴う投資や、馬主権限などの詳しい部分についてはなかなか整備されていないようで、今のこの二重経由体制も法律の禁止部分を回避するための形だそうで、つじつま合わせ的な部分が大きいようです。
馬主自体は結構魅力ある制度だと思うので参加はしてみたいんですけどね。まぁ、馬主になれる程の資産なんて無いんですが。

斉藤 洋一

Q:今回のハイライトレーシングマネージャー
斉藤 洋一 A:斉藤 洋一。今回は「ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン」に所属していたこの方です。一口馬主の募集と運営を行うユニオンオーナーズクラブでは生産者などを交えた懇親会などがあり、競走馬や競馬に関する貴重な内容の情報交換をできるようになっています。そんな由緒あるクラブで競走馬の生まれてからレースデビュー、成績を挙げるまでを間近で見てきた経験や、調教師等との情報関係は非常に深いもので、競馬に精通していることは言うまでもありません。
ユニオンオーナーズクラブ >>http://www.union-oc.co.jp/
予想情報は無いんですよね。結構有名な方ではあるんですが、その分専属契約も多く、情報の漏洩っていうのが殆ど無いのが現状のようです。以前にも専属契約で他の情報会社で活躍されていたようで、その情報のロイヤリティや需要が高いのがよくわかります。しばらくしたら新しいとこから情報出てくるかも知れませんね。
Q:著書は?
A:無し。有名な方なんですが、著書はありません。基本的に競走馬情報を直に取り扱う職業柄、そういった情報の秘密厳守が会社側で義務化されているのかもしれませんね。そのための情報価値が高いのかも知れません。専属契約でその価値を更に上げているのかも知れません。なかなかのビジネスマンですね。。。
馬主・島川隆哉氏のレーシングマネージャー
島川隆哉って、だれ?って感じですが、健康食品販売会社の株式会社ジャパンヘルスサミット代表取締役なんだそうです。冠名「トーセン」といったら解るでしょうか?そう、札幌記念に天皇賞秋を制したトーセンジョーダンなどなど、優駿を手掛ける大馬主です。そのレーシングマネージャーってことは斉藤洋一氏があの成績の実現に貢献していたって事なのは容易に想像できます。予想と言うよりも、勝つ競馬をコーディネートできる実力がすごいんでしょうね。
トーセンジョーダン成績Pickup
トーセンジョーダン
改めて見ても成績がすごいことがわかりますね。人気には必ず応える優駿です。この馬の育成やレースマネジメントをしていたとすると斉藤洋一氏は相当な才能の持ち主なんでしょう。。。舌を巻きます。。。
おまけ↓ ユニオンオーナーズクラブのセレクトツアー模様
ユニオンオーナーズクラブのセレクトツアーです。一口馬主のいいところは複数の馬主と競馬談義に花を咲かせることができたり、競馬の情報交換の効率が圧倒的に良いですよね!
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

辻三蔵|じっちゃんの名にかけて

トラックマンの運命

Q:過去の、競馬雑誌休刊後のトラックマンの生き方…
A:よく聞くのがホースニュースの事実上の廃刊に関する移籍です。かつてホースニュースカラの移籍という話はベテラントラックマンと言う比較的高齢の記者ではよく聞く話になっています。追っかけると意外と同郷(?)のトラックマンというのが多いと感じますね。そういった意味で他社とのつながりが深いのかもしれません。
今回紹介の辻三蔵氏は移籍をせず、そのままフリーのレーシングライター(競馬記者)となり、グリーンチャンネルで競馬解説を度々行うなど、実力による活躍が華々しいです。フリーのと言うと聞こえはいいですが、実際は経験と知名度で歯科仕事を獲得できない、自営業ですから、本当に実力があるのだと思います。 >
辻 三蔵 検定 >>http://kentei.cc/k/1430726/
前回に引き続き検定シリーズですw競馬記者検定はどうも検索すると結構出てきますね…

辻 三蔵

Q:今回のハイライト記者
辻 三蔵 A:辻 三蔵。今回はホースニュース休刊後、フリーのレーシングライターとして、競馬解説にコラムにと、実力をいかんなく発揮して競馬に人生を捧げるこの方です。基本的にはその博識と実力でフリーの道を行く記者で、その実力はJRA公式サイトで「新馬・クラシック情報」の記事を連載するほど。中央競馬にも認められたトラックマン…まさに競馬協会公認のプロの記者ですね。
プロフィール >> http://goo.gl/lb5G1(スパイシー)
コラム  >> http://d.hatena.ne.jp/sanzo2004321/(ハテナダイアリー)
現在はグリーンチャンネルの競馬解説コーナーで活躍しており、その解説内容・相馬眼はさすがといった所。その名前の由来は競馬好きだった祖父の名前を取ったとのことで、まさに「じっちゃんの名にかけて」といったところです。
去る11月27日にはジャパンカップ予想トークライブに出演するなど、競馬の代名詞とも言える活躍ぶりを見せており、この人なくしては中央競馬は語れない…のかも知れません。 参考:『辻三蔵の辻説法』 >> http://goo.gl/1q9BI
Q:著書は?
A:無し
コラムは検索すると出て来まして、オフィシャルなもの以外にも執筆している様子なので、探してみるのもいいかもしれません。てっとり早いのはJRA公式サイトでしょうか。。。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
辻 三蔵氏の略歴
引用;
辻 三蔵
明治大学卒業後、1998年にホースニュース社に入社。美浦トレーニングセンター担当のトラックマンとなる。
2008年2月に「ホースニュース・馬」が休刊。フリーのレーシングライターとなる。
「三蔵」は祖父の名前から。祖父の三蔵が競馬を趣味としており、それが競馬に興味を持つきっかけとなった。なお、その名前にするように薦めたのは井崎脩五郎である。 グリーンチャンネルの「明日のレース分析」「中央競馬中継EAST」にたびたび出演するほか、JRA公式ウェブサイトで「新馬・クラシック情報」の記事を連載している。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:穴馬度数という穴馬解説を行っているコラムがありますので、結構穴党なのかも知れません。過去には競馬道OnLine プレミアム予想で予想提供中との情報もありまして、やはり有能な競馬記者の予想となるとプレミアが付く、ということなんですね…それにしても、そこまで当たるんでしょうか・・?
参考:辻 三蔵 競馬コラム 無料競馬携帯サイト >>http://goo.gl/c0FdC
大穴を当てるときは「@おもいっきり振って、中穴は買う実に当てる」としており、競馬予想の美学を感じます。プレっミアが付くだけのことはありますね。。(管理人の買いかぶりな部分が大きいような気もします…)
辻 三蔵氏の的中実績
”12月11日中山12Rで◎ネコパンチが8番人気2着、馬連△-◎11,830円(6点買い)が的中しました”:http://goo.gl/xOc4M
上記の競馬コラム 無料競馬携帯サイトないでこんな記事を発見、自ら穴党ONLINEと称しているだけあって、回収率も垢抜けています。かなりのレベルの予想的中となっているようです。有料情報も見る価値有りそうですね…まだ提供しているんだろうか…
おまけ↓辻 三蔵氏相関図(スパイシー)
辻 三蔵相関図
プロのトラックマンの相関って結構広い業界を占めているんですよ…何かの法則?
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

吉田 均|「競馬はデータではない(勘だ)」

競馬記者の予想と勘

Q:競馬予想では最後にはやはり勘がモノを言う?
A:競馬記者の紹介を見ていると”最後は勘”との記載がよく見られ、最後は勘で決まるようです。 常に競走馬と実際の競馬を見てきている競馬記者だからこその勘があるのだと思います。しかしながら、予想を公にする機会が多くなっていく競馬記者ですから、データを無視して記者の勘で馬を選択しても、納得を得られないどころか外れれば干されてしまうことも。
そのために本命党として人気馬を選択する競馬記者が多いのだと思っていますが、個人的には競馬予想は最後の最後は勘だと思います。
勘 検定 >>http://kentei.cc/k/5964/
勘 これも検定できてしまいます。星座占いがいい日にこれをやると合格できるとか…

吉田 均

Q:今回のハイライト記者
吉田 均 A:吉田 均。

今回は競馬エイト創刊時から在籍している競馬エイト一筋(でも無い面があるんですが…)、の競馬記者です。座右の銘は「競馬はデータではなく勘」。なんとも巷にある競馬予想会社を全否定するような内容のお言葉ですが、実績もあるので、あながち嘘ではなさそうです。

こないだのステイヤーズステークス、なんと入賞の3頭中2頭を連下候補として的中させているんですね。人気も4番6番人気なので、馬単で万馬券という配当がついていました。勘…侮れません。詳しくは下で。

プロフィール >> http://goo.gl/wafYC(スパイシー)
コラム  >> http://goo.gl/EOJn9(keiba@nifty)
本人曰く「会社がやれといったからやっているだけ」で、「自分から『やりたい』って一回もいったこと」はないと、競馬最強の法則で書かれたとのエピソードがあり、 競馬は勘だ=めんどくさいから の図式が立ってしまう気がするのは気のせいでしょうか…
予想方法は穴党だったこともありますが、本紙予想では人気馬本命だったりと、まさに「勘」次第といった予想内容を披露していたようです。それでも人気が出るのはトラックマンとしての才があったからなのかも知れません。
Q:著書は?
A:無し。
コラムで土曜のレース展望をやっていまして、その感の鋭さが出ています。買い目情報とは行かないですが、推奨馬は連対していることが多い様子。
Q:経歴は?
A:今回もウィキペディアから引用しました↓
吉田 均氏の略歴
引用;
吉田 均
競馬エイト創刊時から在籍している(一時、産経本社の発行紙別分社政策によってサンケイスポーツ新聞社に属していた。
1983年以降定年間際まで関東版の本紙予想を担当した。本人曰く「会社がやれといったからやっているだけ」で、「自分から『やりたい』って一回もいったこと」はないという。
また、フジテレビジョン制作の『スーパー競馬』→『SUPER  EIBA』にもレギュラー解説者として出演、当初はスタジオ解説のみであったが、1994年から実況席解説(メインレースならびに準メイン)を担当した。大川慶次郎氏が死去した後は、パドック席解説も兼務した。パドック解説を兼務するようになってからは、実況席解説はメインレースのみの担当となり、『日曜競馬ニッポン』は実質上降板する形となった。
長年、競馬エイトの看板評論家として活躍していたが、60歳定年が迫っていたこともあり『SUPER KEIBA』終了とともにフジテレビレギュラー解説から降板、更に時期同じくして2008年1月より競馬エイト本紙予想担当からも外れ、後進にその道を譲ることとなった。
嘱託職となった後の2009年4月17日より、keiba@niftyにて土日のメインレース予想コラムを担当することとなった。
Q:予想スタイルはどんな感じ?
A:勘を重視した予想方法で穴党、本命党となりうるオールマイティな予想です。土曜展望は定年後の現在2011年でも連載を続けており、その予想は健在しています。
競馬エイトに在籍時の宣伝動画。予想ネタが無いのでこれを掲載!
吉田 均氏の的中実績
コラムからこないだのステイヤーズステークスの予想と結果を検証!コレで結構な的中を出していたら競馬の勘を鍛えたいと思います。
《中山・ステイヤーズS》
JRAの平地競走としては最長距離となるレース。当然ながら問われるのはスタミナと持久力の有無だ。過去10年の連対馬20頭のうち13頭がアルゼンチン共和国杯からの直行組。今年はこの主流ステップから◎フォゲッタブルに注目したい。
スタミナ自慢が2走前の京都大賞典で5着とようやく復調の兆しを見せた。そして主流ステップを間に挟み、叩き3戦目でこの舞台。完全復活があるとすればズバリここを置いて他には考えられない。
対抗格はアルゼンチン共和国杯組では最先着を果たした○ビートブラック。2走前の京都大賞典ではローズキングダムに続く2着。4歳秋を迎えて春先よりも一段とパワーアップしている。3番手はこちらもスタミナには自信を持つ▲ナムラクレセント。
以下、連下候補はマイネルキッツを筆頭にイグアス、ビッグウィーク、メイショウクオリア、そしてヤングアットハートまでとした
↑↑結構データ分析っぽいことをしていますね。勘?な面はやはり最後の最後なんでしょうか?でも連下候補に1着馬マイネルキッツが入っています。あと、イグアスも。
ステイヤーズステークス
結果的に穴馬で連下馬連が的中しそうな予想?だったかと思います。頑張れば馬単…はないか…なかなか難しい内容です。やはり買い目情報が欲しいところ…
おまけ↓吉田 均氏実況解説2000年新潟記念
懐かしの新潟記念、吉田氏の実況解説。定年とはいえ、予想建材の同氏、競馬界のため、長生きして欲しいものです。
✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

大川慶次郎|競馬の神様

競馬の神様

Q:パーフェククト予想?
A:パーフェクト予想はその競馬場で開催される1~12レースの全てを的中させるこで、文字通り、完璧な予想です。そのため、並大抵の予想では的中しないのが普通です。そのためにこれを達成できる競馬予想をする人は神様的な扱いになります。と言っても昔の競馬と今の競馬では少々違っている所が多いですけどね。その点なかなかむずかしいところです。しかし12レース分の予想を的中させてしまうのは本当に難しいです。これを達成するのが競馬記者の夢ってなところでしょうか。
Q:昔の予想方法?
A:昔の競馬予想では風水やら四柱推命やらを分析して、競馬予想用に数字を組み込んである所謂占いで競馬予想を提供するような内容の商売が合ったそうです。今のようにデータ的な発想がない時代、こういった、神がかり的な内容の予想が売れたんだそうです。しかも作れる人が日本に数人しかいないという様な不思議なものだったそうです。まったく競馬に関するデータは無く、数字そのものに既にその年に運命付けられた、という内容で、完全に占いの域ですね。現代競馬の予想方法とはかなりの差があることがよくわかります。
昔のそういった予想方法よりは的中しやすくなっているデータ分析による予想、それでも当たらないのは、やはり神がかり的な何かが必要なんでしょうか?競馬は難しいですね。
参考:http://infoster.biz/2011/02/331

大川 慶次郎

Q:今回のハイライト記者
大川 慶次郎 A:大川 慶次郎。今回は競馬の神様と呼ばれたこの方です。パーフェクト予想を4回達成した本物の実力の持ち抜いしで、高い競馬予想の才能を持っていました。1999年の年の瀬に高血圧性脳出血で亡くなりました。大川氏は幼少の頃より競馬の近くで育ち、競馬とは運命的なつながりを持っていたそうです。競馬会では余りにも有名なこの方。このブログで取り上げないわけにはいかないでしょう。万を持して紹介します。
プロフィール >>http://goo.gl/PGChR(スパイシー)
伝説的な話題になっていますが、大川氏の最後の予想は、大川氏自身の亡くなった年の有馬記念の予想を見事的中(グラスワンダー)させ、競馬の神様の名に全く恥じない結果を残したということでした。以下抜粋↓ 大川の死から5日後、グラスワンダーはスペシャルウィークを際どいハナ差で退け優勝、大川の「生前最後の予想」は見事的中した。数日後、大川家に差出人「グラスワンダー」の花束が届いたという。 なんともドラマチックな終わり方ですが、競馬にもこんな深いwぴそ-度があったとは…不覚にも感動しました。
Q:著書は?
A:大川慶次郎回想録 まっすぐ競馬道 -杉綾の人生-(日本短波放送〈現・日経ラジオ社〉)
絶筆・大川慶次郎(角川書店・ザテレビジョン文庫)
サラブレッド101頭の死に方(アスペクト・徳間書店 共著)
特に「大川慶次郎回想録 まっすぐ競馬道」は大川氏の人生を綴ったとも言っていい著書で、この人なくしては今の競馬界の人気はな方といっていいほどの思いになります。競馬ファンであれば、この1冊は読んでおきたいですね。まさに競馬の立役者といっていいんじゃないでしょうか。今回はまじめにオススメの本です。
Q:経歴は?
A:今回はウィキペディアから引用しました↓
大川 慶次郎
引用;
大川 慶次郎
1952年に慶應義塾大学を卒業し、高千穂製紙に就職。しかし会社員生活は性に合わず、考えるのは競馬のことばかり。毎週土曜日になると営業に出るふりをして会社の裏にある場外馬券売り場に馬券を買いに行ったという。結局入社から3年たった1955年に同社を退社し、明治座社長だった新田新作の競馬担当秘書となる。新田と親交のあった百瀬博教は、戦前に鈴木栄太郎(関東国粋会副幹事長で生井一家の貸元)の若い衆であった新田は戦後に足を洗って土木建築業の新田組を興し、連合軍ともコネがあり羽振りがよかったとしている。大川のおもな仕事は新田が競走馬を預託する藤本冨良調教師との連絡役であった。 秘書となった年、新田所有の4歳馬メイヂヒカリはクラシックの有力候補であった。しかし皐月賞を目前に控えた時期になってメイヂヒカリの飛節に肉腫ができていることが判明。無理をせずに休養をとらせたい藤本の意を受けた大川は無理にでも皐月賞に出走させようとする新田の説得にあたり、「未来がある馬だから出走させないでくれ。それに大金を投じて馬券を買うファンに迷惑がかかる」と土下座までしてみせた。新田は大川の説得に渋々応じたが、結果メイヂヒカリは見事立ち直り、菊花賞ではこの年のダービー馬・オートキツを10馬身突き放す圧勝。その後、翌1956年には天皇賞(春)・中山グランプリを制し年度代表馬に、さらに1990年には顕彰馬に選ばれるほどの活躍をした。
予想方針
まだまだ競馬予想の拙い時代、競馬=馬の能力100%として考えられていたんですが、大川市はここに展開予想を初めて要素として組み込みました。その画期的さは当時の競馬の風潮からすれば、革新的なものでした。現代にまで通じている予想方法を提案したということでは競馬予想にかなりの革命を起こしたんじゃないでしょうか。さすがです。
大川慶次郎氏の予想を反映したサイト
大川氏の娘である大川智絵氏の情報監修のサイトが有りまして、この御サイトではまさに大川氏の予想を受け継いだ大川智恵氏の予想を閲覧することのできるサイトです。伝説的な予想師の予想をまだ見ることができるのは本当に大川氏の実力あってこそでしょう。偉大な人物だと思います。
しかし大川智恵氏…ちょっと肥えてますね。。。
おまけ↓ ご冥福を祈ります。
古い感じの映像で、現役の大川氏を発見しました。

[大川 慶次郎] 
└”競馬の神様”大川 慶次郎氏の予想を唯一閲覧できる競馬予想サイト。

✡✡✡プラスインフォメーション✡✡✡

お気に入りの競馬記者は見つかりましたか?次はその記者の予想を競馬予想サイトで探してみては?
第3者機関による競馬予想サイトの評価とコンテンツ紹介

サイトによっては無料で予想を提供しているところもあります。
ライトに競馬を楽しむのには十分練られた予想をいかがでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。